namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

H-1グランプリ2016


スポンサーリンク




【H-1グランプリ2016津久井湖戦しだるまレポ・前篇】つれるぞ!津久井湖はデスレイクなんかじゃなかった!

5年目を迎えたH-1グランプリ!

2016年・・・その最終戦が神奈川県津久井湖で行われたわけですが、当ブログ筆者、サカナはなかなか釣れないしお立ち台にもろくに上ったことがないのですが、H-1グランプリ開始当初から参加しています。津久井湖がトレイルするフィールドに加わったのが2013年。今年で4回目の津久井湖となったわけです。しかも、初秋・・・最終戦!年間優勝が誰になるか!?という面白い状況下での開催です。

20160911 (33)

100名以上の参加となった今年の津久井湖。毎年の過熱っぷりが業界騒然となっているH-1グランプリですが、津久井湖のローカルアングラーさんたちの協力なくしてスムーズな開催はありえませんでした。

20160911 (34)

会場となる津久井湖観光ボートのスロープのキャパシティはふんだんとは言え100名越えはさすがにキャパオーバーギリギリ!夜明け前からクルマの誘導、駐車場の上げ下げなどローカルならではの動きが素晴らしく楽しい大会を送ることができました。

20160911 (37)

矢口釣具を代表して、菅谷選手がお話してくれましたが一時期津久井湖は「デスレイク」なんて言われていて「釣れない湖」なんて自虐的に言われていました。しかしどうでしょう!プラクティスから、もちろん本番もサカナが良く釣れる湖となっているんです。普段から津久井湖を愛するローカルの人たち、ボート屋さん、漁協の人たち、地域の人たち・・・その人たちの尽力無くして津久井湖の復活はあり得ませんネ。

20150606tsukuikoprac (118)

つれるぞ!


H-1のとりまとめは矢口釣具さんが行っていただきました。たくさんの船を曳き舟して津久井湖観光さんに運んできていただいた姿は壮観でした。

20150606tsukuikoprac (114)

帰りに寄っちゃうよね。

20150606tsukuikoprac (105)
20150606tsukuikoprac (106)

矢口さんは内装も楽しい。

【矢口釣具店】上を向いて歩こう!津久井湖畔の老舗釣具店に行ってきた~ : namaro★blog~ナマローブログ~
最新釣具から、ローカルベイト、マニアックアメリカンルアーまで!一度は訪れれるべき釣具屋さんです!

今回は、ローカルウェイト戦となりましたが、夢のあるスーパービッグフィッシュがいるのも確認できています。ロクマルも生息していることも確かです。

【H-1GPX2015】第3戦津久井湖~しだるま釣行レポート! : namaro★blog~ナマローブログ~
2015年は沼人のヨコイ選手が2410gというスーパービッグフィッシュを持ち込み優勝。これがいるからやめられないのが津久井湖。夢があります。

さて、2016年9月11日の状況は悪くはなかった津久井湖!その上位陣の入賞パターンは後篇にてお伝えします。

早く、書けって!?

なんというかまぁ、津久井湖、釣れるってことを言いたかったんです。

試合ではサカナ持ってこれなかったけどね・・・



20160904tsukuiko (6)

タラレバ!ニラレバ!・・・プラではデカイのも釣れたんだけどなぁ~。ビッグスプーンフィッシングが楽しかったのでそれについても追って書きますね。髭面・・・

PR



神奈川県津久井湖にて河童の生息を確認す!H-1グランプリ2016AOYはオリキン選手に!【津久井湖戦速報】

2016年9月。
牛久沼にしかいないと思っていた河童が津久井湖にもいることが判明しました。


9月も中旬ですね。台風が発生したり、秋雨前線が発達する予測が立つ中、H-1グランプリ2016の最終戦が津久井湖にて行われました。広島の鯉たちは躍動しましたが津久井湖のバスたちは果たして~

(※以下、未確認生物掲載のため閲覧注意!)

20160911 (22)

5年目のH-1GPはどのフィールドでも満員御礼。今回も100名以上の参加人数となりました。

1年をかけて関東各地をトレイルするのがH-1グランプリ。それだけに、年間王者という価値がどれだけ高いモノかおわかりいただけますでしょうか?昨年の2015年王者は、今シーズンさらに活躍の場を伸ばしているノリーズ・伊藤巧選手でしたが・・・

20160911 (97)

2016年・・・AOYは・・・

20160911 (96)

AOY本人が走る!(人なの!?)

20160911 (98)

まさかの河童さんが!

20160911 (106)

この恍惚の表情~

そうなんです!河童こと、オリキンこと・・・折金一樹選手がAOY!年間王者に!
そんなオリキン選手。僕は目撃していました。兎にも角にも練習の鬼であることを。

20160814practice (45)

超減水だった8月のお盆中に、当ブログ筆者もコソッリとプラに行ったら、、、いましたし・・・

20160904practice (44)

もちろん9月に入ってからの前週にもプラに来ていました。↑こちらの写真は、AOYとったら使わせて~!とお願いして撮影させてもらったエッヘン写真。いつでも一番最後に帰ってきていましたね。新利根戦での長時間ドライブ作戦と言い、サカナを獲ってくるための計算と予測、そして確実性が凄すぎる。突き抜けてますなぁ。

20160911 (117)

ノリーズの雄・伊藤巧プロは年間2位に・・・それもまたスゴイことなのですが、AOYレースが決着。副賞のアメリカ行きを手にしたのでした。なんだか追いつけないハイレベルな世界になってきちゃったな~。サンデーアングラーが今後どれだけ肉薄できるかが来期以降のお楽しみだ。

20160911 (29)

なお、AOYレースにて上位30人が参加できるのがH-1グランプリマスターズカップ!今シーズンの開催場所は・・・片倉ダムに決定!

20160911 (16)

肝心の当ブログ筆者はというと、慢性的なスランプ。マスターズカップには参加できないという一抹の寂しさを覚えて帰路につきました。今年は、サカナを釣ることすらろくにできません。根本的な腕の差と言われてしまうとそこまでですが・・・反省に次ぐ反省の日々となりそうです。(そして、自分の姿が写っている写真がないっっ!)


→→次回予告
津久井湖戦の詳細は後日UPします。 


神奈川県の水ガメ・津久井湖~減水状態から復活の増水となるか!?

神奈川県民の皆さん~~節水していますか?

神奈川県の水がめの一つ、津久井湖が例年になく減水中なんです。通常、夏場は台風や大雨に備えて減水状態になる津久井湖ですがそれ以上に雨が降らないことから11メートルの減水状態。


かながわの水がめ - 県内の貯水状況 
神奈川県は現在のところ「水不足」ではないようですが・・・津久井湖の貯水率は64%(2016年8月14日現在)



ブログをやっているからこそできる見比べ!貴重な、2016年8月時点の画像が入手できたので、昨年・2015年6月の平水時と映像を比べてみましょう。

20150606tsukuikoprac (36)
2015

2015年6月の津久井観光ボート桟橋。サンドバーにローボートを乗せています。大会の時は、ここにズラリとボートが並びます。

20150628tsukuiko (60)
2015

2015年H-1グランプリ津久井湖戦は6月末に開催。長い桟橋が選手たちで埋まりました。

20150628tsukuiko (55)
2015

クルマも一杯だ!

そして、2016年8月は・・・

20160814practice (36)
20160814practice (37)
2016

水でひたひたになっていたところが丸見えだ!

20150628tsukuiko (59)
2015

平水だと、この桟橋の手元まで水がキテイルわけです。

20160814practice (38)
2016

夏草が延々と生えています。牛久沼もそうですが、こういった雑草やアシなどが力強さを見せてくれる風景が好き。

20150606tsukuikoprac (86)
2015

H-1グランプリではかつてウィニングポイントにもなった大沢ワンド。

20150606tsukuikoprac (88)
2015

こちらは平水時のデカバスポイントしても名高い大沢ワンド奥。2015年撮影。

20160814practice (23)
2016

2016年8月撮影。先の写真の場所はこのさらに奥の奥・・・

ダム好きなので沼本ダムも撮影しておりました。

20150606tsukuikoprac (61)
2015

ドバドバと放水。

20150606tsukuikoprac (55)
2015

これぞリザーバーの醍醐味ですよ。そして、2016年は~~

20160814practice (26)
2016

しーん。静かなる人造大瀑布。減水ったらない沼本ダム。

20160814practice (32)

最上流へは行けない状態に。上流部の名店・沼本ボートはお休みしているそうです。


神奈川県津久井湖【沼本ボート】ブラックバス・ワカサギ・ヘラブナ
8月初旬はお休みとなっていますが・・・いつ再開されるのか!?

20160814practice (6)

心霊スポットとしても有名らしい!?三井大橋もこんなに長~~い。


知らなかった・・・知らない方がよかった・・・

いや、そうではなくこのままだとH-1グランプリの開催が有るのか無いのか判断が仰がれる状況なのです。100名以上が参加する釣り大会でこの桟橋の状況だとできるのかな?

20160814taifoon
(参照:Yahoo!天気予報より・2016年8月14日夕方時点)

さて、今シーズンは台風がまだ来ていませんが、発生した台風7号は恵みの雨をもたらすのかもしれません。昨年は、大雨による被害もありましたから手放しで雨よフレフレとは言いませんが、神奈川県民のためにも(そしてちょいと釣りビトのためにも)適度に雨が降ることを祈っています。


<「津久井湖」に関する過去記事はコチラだよ>

【2014津久井湖でバス釣り】バサーのみに許されたダム湖を湖上から望むという至福の時  : namaro★blog~ナマローブログ~
こちらは平水時に撮影した津久井湖の「遺構」についての記事


津久井湖へのアクセスは相模原ICが便利! : namaro★blog~ナマローブログ~
ちょっと古いカーナビだと表示されないのが圏央道の「相模湖IC」!



【H-1GPX2015】第3戦津久井湖~しだるま釣行レポート! : namaro★blog~ナマローブログ~
2015年の津久井湖ウィナーはTAKE-Cことヨコイさん。2016年新利根戦を制したヨコイさん・・・今年もすでにプラに入っているようです。デカバスハンターです。要チェックや。




<前篇>パラダイスは目と鼻の先!?カッパ沼の悲喜劇!【H-1グランプリ2016第3戦牛久沼しだるま実釣レポ】

牛久沼の一般論としてのセオリー

晴天無風
⇒風がないと巻物では釣れない

満水
⇒バスがアシガマの奥に入ってしまい釣りづらい


そんな沼人たちが「ヤバイナ」と思う状況で決行されたH-1グランプリ2016牛久沼戦。持ち込まれるサカナは何匹になるのやらと思っていたのですが・・・

20160627h1ushiku (123)

なんということでしょう。

20160627h1ushiku (23)

結果・・・
102名が出場し、19名がウェイインした牛久沼。

泥沼の戦いを制したのは・・・またもや伝説に伝説を重ねるという奇跡を起こしたタカハシ選手でした!いや奇跡ではなく、これは必然であったかもしれないのです。

20160627h1ushiku (111)

いたのか・・・このサイズ・・・!2200グラムのビッグバス。

20160627h1ushiku (113)

I’m a perfect human.

Kazuo!Kazuo!♪♪

イチローコールかと思い間違うほどの鳴り止まぬ歓声がそこに・・・
なんと、同一開催場所での2連覇を達成。牛久沼のエキスパートとしての意地を見せました。



釣りとは関係ないがオリラジのことは陰ながらずーっと応援しているんですヨ。

tamayayoko

なんと、ポイントはたまやボート桟橋のすぐ横のアシ原!H-1グランプリ2016牛久沼戦のキッカーフィッシュはあまりにも劇的な場所で生まれた歴史的な一戦となりました。

20160627h1ushiku (19)

吉野屋ボートからも前日ボートを曳き舟して持ち込みボート台数を増やして開催された牛久沼大会。

20160627h1ushiku (20)

<フィールドコンディション:2016年6月26日(日)牛久沼>

天気:晴れ
風:微風 
気温:22℃~28℃
水温:24℃~26℃
水位:満水
水質:所により濁り、アオコ、オタマジャクシ

20160627h1ushiku (21)

今季も絶好調のフクナガ選手。ボートが横だったのですが、いたってシンプルなボートセッティング。持ち込むルアーも絞り切った小さなタックルボックスがヒト箱と、人によって性格が出るのがH-1なのです。

20160627h1ushiku (37)

たまやメンバーのヨコイ選手。先輩格なのですが、心の中では「オレンジ色のニクイ奴」(夕刊フジ的)と呼んでいます。ガレイジーのデッキを購入して絶好調。そして、この日、結果も・・・強者たちを朝から撮影しているからダメなのか?オレ・・・

20160627h1ushiku (48)
20160627h1ushiku (47)

今、一番熱いアングラー!伊藤巧選手のボートデッキも激写しておきました。全力でクイとかにぶつかったら落水しそうですが・・・そこは驚異のバランス感覚でカバーしている模様。たしかに、このデッキの広さと高さ!アドバンテージははかりしれません。牛久沼には4日!プラに入ったとか・・・この執念が強さの秘密か。なお、引き続いてTBCですってよ。

20160627h1ushiku (34)

対して、当ブログ筆者のボートセッチング。竿7本。タックルボックスは先日UPした記事の通りトランク型を持ち込み。搾り切れていない感じ~~いい感じ?やな感じ?・・・どうなるか。

20160627h1ushiku (46)
風!波!光!

名物のハス畑を多くの選手たちがすれ違います。前を行くは風!波!光!で有名なマグナム長尾選手。同じくライブドアブログを利用しています。独特の文体が小気味いいですよ。

マグナム長尾のトップの星になれ!

ワタシは少年ジャンプばりに「友情!努力!勝利!」でいつかこの手に栄冠を勝ち取りたいと思っています。いや必ずや。

さて、晴天無風。微風。満水。
・・・という恐るべきフィールドコンディションでH-1が開催。「これは厳しくなる!」と沼人たちも震えながらのスタートとなりました。

20160627h1ushiku (49)

全開すぎ?

少々、当ブログ筆者の戦略なんぞも書いておきます。まぁ、結果的にデコりましたけどね。


<狙うエリアは西谷田>

昨年、鬼怒川の大増水があった時以来、沼の雰囲気は少し変わりました。当時、水位が増えすぎ小貝川からの水が逆流。あまりいないはずのボラが入り込むなど様々なサカナが入ってきて沼の様相は一変しました。バスもそうで、予測としては稲荷川の上流からなのかコバスたちが西谷田の下流域などに散らばった気がしました。昨年の9月などはコバスがイージーに釣れましたから。そう、西谷田がちょっとサカナは濃くなったと思っていたのです。なので、今季はたまやの定例大会ももっぱら西谷田でした。なお、サカナのサイズは東に比べると小さめのサカナが多い。それでもキロアップは多数存在しており、マキモノで獲るには可能性のあるエリアとふんでいました。ローカルのアドバンテージとしてサカナがつく細かいエリア、障害物も知っていますしね。昨年は細見の広場でビッグフィッシュを獲りましたし。でも、結果はでず・・・これもまた釣り。


<増水>

これ、結構キモなのであれですが、ちょいちょい釣ってきた人たちの話に出ていましたが「水位」・・・これを結構、重要視して釣り方を考えているのがやり込んでいる人たちであります。2016年6月現在。牛久沼はかなりの満水状態です。それが意味することとは・・・

P3142724

こちら減水している春に撮影した、野焼きされたアシ原。通称「この世の果て」。このアシ原がハイシーズンになるとアシが生えそろいボーボーに。そして、その中にはパラダイスが・・・あるのかもしれない!そいうわけなです。

20160627h1ushiku (51)

こちらは西谷田河口部分。アシだ!ガマが!ボーボーです。


<フィーディングバスと隠れちゃうバス>

優勝したタカハシ選手とちょっとだけ似ていたかな?と思ったのが狙い方。前日は雨が降り、リミットオフとなった牛久。晴天が予想されたが、朝だけは!朝だけは!!!はフィーディングフィッシュが微笑んでくれるのではないかと思いまして、ガマの外側に狙いを定めバズベイトなどを引き倒しました。終了後ノリーズのツガル選手から「随分岸からポジションとって投げていましたよね?」と言われました。まぁ、増水して隠れているガマやクイについているビッグバスがガバチョしてくれるかなと思いながらネ、巻いていたわけです。晴れてきてからは、ガマの中を狙いいろいろと投げまくりましたが・・・

20160627h1ushiku (57)

昼前には、たまや前に帰りハスを狙ったりして。写真に写るは、バサーのササキ記者だ!釣りウマな後輩が入ってきて心底困っているらしい。(鋼派で優勝したタニガワ記者も参戦していた。)


さて、ここまで書いてきましたが結果は出なかったH-1牛久沼。最近は万年デコり虫です。長々とお読みいただいたところで、僕も力尽きてきましたのでウェイインショウの様子は後篇へと続きます。明日は4時起きです。釣りだと平気なんだけど、生業のための早起きだと毎回「起きれなかったらどうしよう…」というプレッシャーに襲われます。バラードのように眠れる日はなかなか来ませんね。続くよ。


⇒⇒⇒次回予告
アシ中だ、フィーディングだ、ピンポイントだ、サイトだ!クリスだ!・・・上位入賞者たちの狙いが的確すぎてプロたちもびっくらこいたウェインショー。 


★昨年2015年のH-1グランプリのレポはこちらからどーぞ↓★
 【まとめ】H-1グランプリ2015総集編~関東をハードベイトオンリーでトレイルしたあの季節の記録と記憶!~


プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文