namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

沼海馬


スポンサーリンク




【痴虫海馬】H-1GP2011開幕戦を制したルアーをバサクラ2016にて入手した話はしてなかったよね

ハッピーハロウィン~~!

・・・先週末の渋谷は「雑踏渋滞」でクルマで通るのは大変でした。バサーオールスタークラシック2016が行われていた千葉県さわらでも一部でハロウィンが行われていました。

20161030basserallstarclassic (4)

✖「ポケモン!ゲットだぜ!」
〇「小さな海馬!ゲットだぜ!」

僕が1週間でやめてしまったポケモンGOの現実~リアルワールドがここに・・・そんな痴虫ブースで今年は「小さい海馬95」のスペシャルシグネチャーモデルを入手しました。

20161030basserallstarclassic (29)

唯一無二のトップウォーターブランド「痴虫」がバサクラにもブースを出展。今季から、協力なサポーター2名!得たとかで販売応援を2人が行っていました。左がポップ越川さんで右がアミーゴ福島さん。ともに、牛久沼たまやメンバーであり、H-1戦士でもあります。

20161009tonegawa (20)

ポップ越川さんは利根川を案内してもらったり・・・雨宿り中です。

20160828heartsmarine (19)

バモノス!


20160828heartsmarine (1)

アミーゴ福島さんには今季、バスボートで霞ヶ浦に誘っていただいたりして、お2人には大変お世話になったわけDEATHヨ。

その2人の得意ルアーでもある小さい海馬95のシグネチャーモデルがバサクラにて販売だったわけです。

chimushisignatyuera
痴虫・松本代表のFBより拝借しました

松本代表によると・・・

左が福島さんと決めた
アミーゴロイヤルシャッド
写真で見え難いですが、アルミのボディーにシマシマが入っており、その縞1つずつが骨になっています。

右が越川さんと決めた
みかんプレモンス
滅多に使わない、蛍光みかん(チャートでもオレンジでもない色)を上下にみかんのイメージでプレモンスを改造しました。

痴虫の旗艦モデルである海馬。その中でも、お2人がよく現場で投げているモデルがこの小さい海馬95。海馬・・・その名を知っているあなたはなかなかの情報通でもあります。何しろ、トーナメントでも結果を出しているプロも注目している『釣れる』トップウォータープラグなのです!

20150524ushikuh1gpx (74)

バサクラを制した北大祐プロもスポット参戦していたことでも話題!?のハードベイトオンリー大会であるH-1グランプリ。2015年&2016年の牛久沼で痴虫の「沼海馬」がウィニングルアーになったことは記憶に新しいところです。僕自身も2015年はデッカイのを沼海馬で釣りました。

20160529kameyama (49)

今では、100艇以上が参加する大人気トーナメントになったH-1ですが、スタートしたは6年前の2011年からでした。2011年当時は、プレシーズンマッチとして3試合のみが行われた大会でありました。(優勝はアメリカ招待は変わらず!そこはスゴイ)そのH-1初年度・開幕戦だったのが僕のホームグランドでもある牛久沼でした。(当時の参加人数は35名)そんな経緯もあってか今の今まで出場させていただいているところもあります。

2011h1kaiba
出典:H-1グランプリHPより

その『開幕戦』で優勝を飾ったのがポップ越川さんでした。2011年5月22日の牛久沼は風の強い雨模様。西谷田川から帰ってこれなかったメンバーも出るなどちょっと荒れた一日でしたが、その牛久沼で「3730グラム/3匹」というブッチギリの結果をだしてきました。


当時のYouTube動画が残っている!

とかく、ライトに繊細に・・・と言う方向に行きがちだった自分には衝撃のトップウォーターでの勝利。そして、当時は知らなかった痴虫海馬なるルアーを使ってきたということに驚きました。「ガシャガシャやって釣るんだよ~」とポップセンパイは教えてくれましたが、その使用感は謎のまま現在に。Basser誌で鈴木美津男さんによる特集記事が組まれたこともありましたね。利根川でも海馬の出しどころがトーナメントである、試合でも使えるトップウォータールアーなのですね。

chimushikaiba2016pop (1)

その後、痴虫ルアーはいくつか手元にあり使わせてもらったのですが実はこの海馬(ちいさな海馬95)は持っていなかったのです。

シグネチャーモデルには越川さんのニックネームある『POP』と・・・なぜPOPなのか・・・。命名はトーナメント中でも移動中に容赦なくポップコーンを頬張っていたからだったような。(命名は確か、沼人でもあるJINGOサンだったかな!?)

chimushikaiba2016pop (2)

アミーゴ福島さんのカラーも魅力的だったのですが・・・「直系の先輩のシグネチャーカラーがリリース」と言う、血の掟によりポップ越川さんのシグネチャーカラー「みかんプレモンス」をセレクト。血の掟は漏れなく後輩達には適用されるので、当日一緒に行ったスドーさんと、ブログ「sabuism」をやっているサブくんもこちらのルアーをゲットしたわけです。

オレ達のバサーオールスタークラシック2016@水の郷さわら | サブイズム-Sabuism
バサクラの模様と痴虫ルアーについても書いてある記事がUP!最近、ブログベースを移籍してカッチョイイ作りになっている!

chimushikaiba2016pop (5)

ラーメンマン風の顔になったカラーを選びました。

・・・と、面白要素満載でありながら「釣れる」ルアーとして実力がスゴイのが痴虫ルアー。トッププロたちが実はこっそりと購入しているという噂もあります。松本代表があの川村光太郎サンと試投している姿を目撃しました。これは来季の痴虫ルアーからも目が離せない。

chimushikaiba2016pop (6)

松本代表自身も、亀山の平日大会に出場したりと「ワームアリ」の世界で自身のルアーでサカナを釣ってくるなど積極的なフィールドワークも行っているのが特徴。セッティングとかも話を聞くとかなりシビアに行っています。

chimushikaiba2016pop (8)

痴虫さん~新作のイジリーやイジリーバグも出していたのですが、、、今回は「小さい海馬95」シグネチャーモデルをゲットとあいなりました。

20161030basserallstarclassic (306)

来季は、このPOPの文字に巨大バスの歯形をつけるっ!と意気込む秋の夕暮れなのでした。
 

PR



【痴虫沼ポップ】来シーズンへの可能性に心躍るこの逸品

バサクラでのお楽しみと言えば、各メーカーのブースなわけですが徹夜でリグ組みをして佐原入りしたのが痴虫ルアー松本さん。牛久沼にもレギュラー参戦していたこともある沼人のひとりでもあります。(今でもスポット参戦して協賛冠になってくれたりします。ありがたや)

2015basserallstar (13)

ちょうど到着したら並べ終わっていたところでした。敷いてあるやつ、いつも痴虫さんが車中泊で使用しているお布団なのでわ・・・w

2015basserallstar (16)

若干、眠そうな写真かなかったですが行列ができる凄さ。結果を連れて来るトップウォーターとして、結んでいる人が多い実戦型ルアーを生み出している松本サン。

2015basserallstar (21)
2015basserallstar (22)

沼海馬にもニューカラーが~「ルリビタキ」というカラーだそうな。幸せを運んできてくれそうな青い具合。カワイイ口もあった!鳥カラーが今回は多かったです。

numapop (1)

僕は、ニュータイプ!沼ポップを購入しました。H-1GPX牛久沼でビッグバスが食らいついた沼海馬のアレンジバージョン。とはいえ、セッティングには時間がかなりかかったらしく使うのが楽しみなルアーの一つ。

numapop (2)
numapop (4)

カラーネーム「ホオアカオナガゴシキドリ」!独自路線を歩むカラーリング。モデルはケニアやタンザニアに生息している鳥なんですね。お腹は黒いのでアピールは強くなりそうじゃないですか。濁り水にはピッタリじゃないのぉ~~

numapop (6)

手持ちの海馬ポップ55(OPA別注)とサイズを比べてみました。かなりボリューム感に差があります。この差、水の上に浮かべてみて違いを感じてみたい。頭で考えずに肌で感じたい。

2015basserallstar (15)
2015basserallstar (25)
2015basserallstar (24)

他にも、素敵なカラーやルアーがいっぱいありました。このルアーでH-1グランプリにも選手として参加している痴虫マツモトさん。毎年のようにニューコンセプトを発表してくるので今後も楽しみ。

嗚呼、早く投げたいなぁ。



DVDも前衛的!


痴虫沼海馬スペシャルエディションをいただきましたTHANX!

H-1グランプリ牛久沼戦を席巻したルアー『痴虫』!

numakaibade

痴虫ルアーはH-1牛久沼戦を席巻。2015年には『小さい海馬55』がデカバスを連れてきてタカハシさんが優勝。

kaibadeusikuwo

そして、H-1グランプリの初年度の牛久戦でも優勝を導いたのも痴虫ルアー。コシカワ先輩が初年度の牛久戦のウィナー。衝撃が走りました。

2015年8月号のBasser誌でも、木村健太プロが

痴虫さんがそうですけど、トップ系のブランドやっている方のトップウォーターって正直かなり機能が優れていると思います。核心部を知っていて、それを注入したルアーなのでバスを引き寄せる力が強いです。

プロが認める機能性。そして実戦でも結果を出しているのです。そこがスゴイ。

20150524ushikuh1gpx (74)

著者自身が釣り上げた2015年牛久沼戦のビッグフィッシュは沼海馬でGET。

20150524ushikuh1gpx (27)

トーナメントディレクターの鈴木美津男さんがウェイインの際に「こりゃ痴虫から素敵なプレゼントがあるんじゃないの~~」という僕としては嬉しい!?後押し発言もあって痴虫ルアー代表の松本さんから素敵なプレゼントが!w

20150628tsukuiko (47)

名作!沼海馬の特別版だ!
『沼』っぽいカラーリング。

20150628tsukuiko (54)

記念に痴虫・松本サンによる特製文字も入れ込んでもらいました。これはウレシイ。

2015.5.24
牛久沼
Big Fish
2350g


20150628tsukuiko (46)

忙しい中ありがとうございます。最近は、各媒体でも連載も行うなど多忙な痴虫サン。ちなみに同学年。まぁ黄金世代デスヨ。

20150628tsukuiko (48)

記念撮影もしちゃったりしてw(津久井湖戦にて)

噂ではこの名作『沼海馬』次なるニューバージョンの企画もスタートしているとか。実戦仕様の釣れるトップウォータールアー。今後も痴虫から目が離せない!
 


【H-1GPX2015】牛久沼…H-1グランプリ山場の第2戦!しだるま釣行レポート!【前篇】

来る6月6日。今年もAKB48グループ最大のイベント「選抜総選挙」が行われます。諸事情ありまして、一時期AKB48にド嵌りしていました。2012年~2013年あたりでしょうか。アツかったよね・・・。選抜総選挙には武道館にも行きましたし、伝説の東京ドーム公演にも行きました。好きな楽曲はいろいろありますが、2010年、内田眞由美ちゃんが「じゃんけん大会」で一番になった時にリリースされたシングル曲「チャンスの順番」がこのところずっと頭の中でぐるぐるとヘビーローテーションされていました。特にその冒頭の歌詞が心に沁みるんです・・・

チャンスの順番 次は君に来る
どんなに負けてても 今度は勝ちに行こう
あきらめなければ 夢は叶うんだ
ずっと頑張ってきた
君の努力 報われるように 



(一部抜粋)

秋元センセー・・・こっぱずかしくなるような直球内容の歌詞ですがこの度行われた「H-1グランプリ2015牛久沼戦」はこの歌詞そのものが具現化された結果だったと言えると思い、この記事をスタートさせたいと思います。
前置きが長いわな。

<5月24日(日)牛久沼のフィールドコンディション>
気温 18℃~22℃
水温 20℃~24℃
くもり時々晴れ
ほぼ満水

昼時にかけて雨の予報と6~7メートルの風の予報があったが、雨は降らず。風もたまに強風が吹くものの船の航行に支障はない天気でした。朝方はどんよりの曇り空。ハードベイトナンバーワン決定戦のH-1グランプリ。巻物をするには絶好の天候になりました!

20150524ushikuh1gpx (42)

爽やかな朝焼け。ローカルアングラーたちも駐車場の整理のお手伝いをして、無事に準備完了。参加選手たちも相乗り♡に協力してもらいスムーズな進行が行われました。

20150524ushikuh1gpx (41)

しかしまぁ、毎週、牛久沼は大盛況だ。

20150524ushikuh1gpx (50)

普段は使用していない旧桟橋も利用。↑準備しているのは沼人で僕の学生時代のセンパイでもあるDJーCOSSY先輩。H-1グランプリ第1回大会の初戦牛久沼戦のウィナーでもあります。東日本随一のテッケルフロッグの使い手。

20150524ushikuh1gpx (49)

昨年、たまや社長が投資した駐車場のおかげでたくさんのクルマの駐車ができるようになった牛久沼。

20150524ushikuh1gpx (48)
20150524ushikuh1gpx (47)

上に下に駐車をして準備であります。

20150524ushikuh1gpx (65)

朝のミーティングです。たまオヤ「牛久沼は釣れますよ~!」とハッパをかけてきます。
・・・とジョークも飛び交う朝の時間でしたが、選手間にはほどよい(いやかなりの)緊張感が漂っているところもあります。なにしろ、牛久沼戦がこのH-1グランプリの運命の分かれ道。年間を争う牛久沼のジンクスとして、

「牛久沼の勝者が年間王者・AOYになる」

という実績があるからなんです。ウェイイン率こそ低く、数々の凄腕バスプロたちが返り討ちにあってきた超A級難易度の牛久沼なのですが、ハメればデカイ。ウェイトを固められるわけです。そりゃ選手たちもマヂになるわけです。もちろん僕もマヂですヨ。

20150524ushikuh1gpx (68)

軽やかにしていますが、牛久沼では、たまやAOYを3年連続で獲っているAKさんと後ろのたまや副会長も目はマヂです。AKさんはラッキープロスタッフの柴田隊長と前日に何やらお風呂に行ったりして仲良くなったりして、前日プラを敢行したらしい。パワフル。

20150524ushikuh1gpx (69)

スタートです。前を行くのは、こちらも凄腕ローカルアングラーの有明さん。たまやAOYホルダーのひとりです。

この画像の通り、僕は一路、西谷田を目指しました。
メインルアーは先日、記事をUPしたがこちらを2本も準備。

20150524ushikuh1gpx (34)

ニシネルアーワークスのデカビーツァです。こちらは、フェザーフックを装着して、ぬるんとした動きにしました。

20150524ushikuh1gpx (35)

こちらはダブルフック使用に。これをパラガマの中にいれて、チョンチョン…ゴンッッ!って算段であります。

namaro★blog : 【H-1GPX2015】アフタースポ―ニングを攻略!?~牛久沼戦プラクティス①回目
プラで釣り過ぎちゃうと・・・

とまぁ、何かとルアーが注目されちゃうわけですが・・・「バスのポジショニング」「アフター回復?」「天気(晴れ?雨?曇り?)」「水位」「濁り」「潮汐」「操船技術」・・・と多岐にわたる条件をすり合わせ合致させて、当たった時にいいことがおきるのがバスフィッシング。特に牛久沼で勝つにはそれに「運」も必要になるわけです。

20150524ushikuh1gpx (44)
(朝、恒例の桟橋からの風景)

今回は、西谷田川の河口をメインエリアに西谷田川を遡上する予定とした。西谷田の河口部のパラガマでは5月初頭のプラで反応が良かったエリア。前週に行われた、たまや大会でも結果が出ているところ。ガマの中で釣れていたので、ガマ中にいるサカナを狙う作戦。↑ボート屋近くも良いポイントが多数なのですがそこを攻略する戦法が編み出せずの西谷田遠征を決意しました。

2015年たまやトーナメント
【たまや公式HP】2015たまや大会5月大会結果

※さすがに本気試合中はなかなか写真を撮影する余裕がないので画像がありません~~

そして・・・

P5163650
(前週のたまや大会の時の西谷川)

ノーバイトで突き進む牛久沼の5月がそこにはありました。

ただ!例のデカビーツァにもわんとチェイスするのを確認!しかも、そのバイトが想定外のガマの外での反応だったわけで・・・。「中なの?」「外なの?」「外もあり~~かな~~?」と考え、中にぶち込みまくるばかりでなく時にガマの外側にもルアーを置くことにしました。
すれ違った、アルミボートアングラーが2回もナイスサイズを釣るのを目撃。彼らはガマ中でガバガバッと抜き上げていたりして迷いが生じている中、10時30分過ぎに事件はおきました・・・


ガボンッズバァァン!(泡立つ水面)


とスゲー喰い方をして・・・

20150524ushikuh1gpx (72)

ちょ・・・まっ・・・。まさかの・・・

ヌシクラス

↑「釣りキチ三平」的に言うとそういうことです。しかしこのわんぱくな体型!どうやったらこんなサカナになるのだ牛久沼よ!これでもお腹がペッコリンコだからプリだったら・・・恐ろしいことに・・・

現場ではランディングまでは冷静でしたが、ボート上に揚げてからは軽い過呼吸状態に・・・

20150524ushikuh1gpx (74)

ルアーはなんともポップなカラーリングの痴虫「沼海馬」であります。「沼」は「牛久沼」の「沼」であります。もはやローカルベイトと言っても良いのではないでしょうか!?オールスタークラッシクの塊ブースで購入したものです。

~~心を落ち着かすためにも写真を撮りました。水がたまるや否や、すぐにライブウェルへ!(この時期のバス君たちは弱っているのでケアも技術の内なのです。ちなみにH-1は死魚はペナルティが課されるのです。)

20150524ushikuh1gpx (77)

場所をさらしましょう~~。西谷田川上流、細見橋を越えたところの右の土手側です。ヘラ師のひとたちがいなくなったところ。ハスの群生するエリアの手前です。普段はあまりやらないのですが、たまにサカナが出るのでやるんです。

20150524ushikuh1gpx (78)

一見するとあまり変化のない平坦なところ。ただ、先ほど書いたアルミのアングラーが釣っていたのでサカナの気配は感じていました。いるんじゃないかな・・・と。(アルミの人はいたって普通にワームで釣っていました。)

当初はデカビーツァ、そしてバズベイト等でまわっていたのですが、風が吹く始めたのとまだまだ曇り空が広がっていたのでトップウォーターを選択。ポイントはなぜか牛久のバスが好きな『カチャカチャ』系だということ。沼海馬はお尻についている2枚のブレードがこれがまた他にない音色を奏でるのです。今回のサカナは投じた後にポーズ(これ我慢が必要)ワンアクションでバイトしてきました。

たまや大会にもレギュラーでエントリーしていたルアービルダーの痴虫・松本さんは前週のたまや大会に久しぶりに出場。沼海馬の推奨タックルは聞いていたのでその通りにしました。まぁ、専用というかフロッグタックルの併用です。なのでサカナの寄せは非常に容易にできました。

沼海馬タックル
ロッド:ブラックレーベル FR(トゥイッチンフロッグ)701MHFB
リール:シマノメタニウム7
ライン:PE52ポンド


重さもろくに計らず残りの3時間で何とかサカナを獲れば表彰台が見えてくる!と思い集中してキープキャスティングしたがタイムリミットが迫る・・・。意外と動き回っていたせいかビンビンだったバッテリーも少々不安な感じに~。嗚呼、ヌシ一匹で帰着することにしました。5年目のH-1グランプリ。これは魅せられるサカナを獲れたと帰還の途に就きました。

さあ、チャンスの順番は誰にまわってきたのか!?
名物のウェイインショーは後篇でお届けします。




次回【後篇】予告・・・

リビングレジェンドの優勝に震撼!・・・そしてビッグフィッシュ賞は意外な人間の手に・・・



集中して釣りをした明けの月曜は、リビングレジェンドならぬリビングデッド状態。なので今日はここまで~~
 


プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文