namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

ビッグエスケープツイン


スポンサーリンク




水位変動を追え!最大深度2メートルのマッディシャロー攻略【牛久沼2016年8月たまや大会ノリーズ杯しだるまレポ・後篇】

台風の月曜日。外に出るのは難しいと想定しお昼ご飯を出勤時に買い込む非常事態でした。セブンイレブンで久しぶりにカップ麺を買ったのですが、商品数を搾り込んでいるのが印象的でしたね。昔はもっと多種類だった気がしますが、企画もの数点とカップヌードル数点、あとはPB商品数点といったところでしょうか。ナンバーワンコンビニの強気の商品選択・・・これは釣りにもそういえることかもしれません。やたらめったらルアーや竿を持ち込んでいては勝てる試合なんてありゃしないのかもしれません・・・

20160821sanbasi
ちょっと空いている桟橋。水位は平水でした。

さて、関東の片隅の熱きフィールド・牛久沼です。たまや8月大会は毎年そうなのですが、お盆明け、夏祭りが最盛期なんていうこともあってちょっと参加人数が少なめ。この日は31名が参加。ウェイインしたのはそのうち19名でした。

【2016年8月21日(日)フィールドデータ】
天気:曇り時々晴れ
気温:25℃~30℃
水温:27℃~28℃
風:南風微風
水位:平水(増水から平水へ。その後若干減水へ。)

ウェイイン率も61%と牛久沼としてはツレツレな一日となりました。前月7月が雨模様で50%だったから上々です。そしてもちろん、僕もサカナをゲットできました。モンスターを・・・


(マイ・インスタグラムより)

雷魚(ライギョ)
ですけどね!

釣れたルアーはネコリグですよ。ロッドもベイトフィネスでしたから最初のひとノシは効いたぜぇぇ~~。ビール瓶よりもぶっとい素晴らしい体躯でありました。



たまやボート前のパイプオダにてゲット。夏場なのでヘンテコな紫外線対策スタイル。撮影いただいたのはかつてたまやAOYとして連覇も経験している凄腕青木さん。同じオダをシェアしていたのですが、なんとライギョが。ライギョ君たちは毎回なのですがバイトしてフッキングした瞬間2~3秒は「やべぇ…ランカーきちゃったよ…」と思わせます。束の間の「勝てるかも」という期待を感じたのですが。ライギョは時として、大きな大きな期待をプレゼントしてくれます。

で、バスはというと・・・

20160821tamayaushikunuma (44)

嵐の前の静けさ。レインコートは出る幕なし。

20160821tamayaushikunuma (47)

生い茂るハスたち。(優勝したヨコイさんはこのポイントでデカバスを釣り上げたらしい)

20160821tamayaushikunuma (50)

熱がこもるアシとガマの群生地。←風の抜けが悪いのでアシ際の気温は異常に高いです。湿度も以上に高いから体調不良にならないよう適度に風にあたるなどして体温の上昇には気を付けたいものです。本当に「もわぁぁ~~ん」とした熱帯雨林のような暑さなんですヨ。熱帯雨林行ったことないけど。

20160821tamayaushikunuma (49)

パラダイスを求めてウェッピングもやりましたが~~

デコりました・・・

昨年はハイシーズンでデコることはほぼなかっただけに、これはちょっとスランプなのかも・・・。昨年は8月度に優勝できただけに、その時の「成功体験」がその日の釣りにアジャストする力を抑制してしまったのかなと思っています。

ブログは止めずに続けていますが出ない『結果』。このままだと、ブログだけが暴走する記録係、書記になってしまう可能性が秘めているので、なんとかして考え方を整理して上達したいものです。

反省点ですが、この日、上手く合わせることができなかったのが水位変動・水位変化。

ushikunumataputapiu
(ナカニシさん写真借りました)

こちらは、試合の前々日・金曜日の桟橋の状況。ゲリラ豪雨の影響で沼の水が急上昇アップ!桟橋がすっかりつかってしまった状況です。↑記事冒頭の桟橋の様子からすると50cm以上は変動があったのです。最大水深2メートル程度のスーパーシャローフィールドである牛久沼でこの水位の変化というのは、サカナたちの動きに大いに関係あるのです。これを見逃してしまいました。しかも、本番中はおそらく来たる台風に備えて、水位を徐々に落としていたのです。はずかしながら、これに気づかず(気にせず)に釣りを展開してしましました。

20160821tamayaushikunuma (72)

上位入賞者の栄光のお姿。上位入賞者の意識として「水の変化に影響を受けづらいところを攻めた」というコメントが聞かれました。増えたり減ったりする水位変動の際、アシの中、外、ツラを移動しているサカナをどうとらえるかが勝利への道なのです。一般的には「増水したらアシナカ」「減水したらアシ外」なんて言われているけど、それだけで勝てるわけじゃぁありませんが「水位」は牛久沼ではかなり大事なファクターです。そこに合わせられるようになるとまた一つレベルアップできるのかも。

20160821kekkaushikunumatamaya

それでは恒例の上位3人のコメントチェックです。

20160821tamayaushikunuma (63)

3位:1710グラム/3本
牛久沼へは一緒に来ている浅草の雄・佐藤ジンゴ選手がリミットメイクで銅メダル。当初は東谷田川をメインとしていたが大増水からの減水で東はダメだと判断。10時に移動を決意。10時半に西谷田に大移動をして「2時間でリミットメイクするよ。」というコトバを現実としました。

20160821tamayaushikunuma (66)

なんと2時間で牛久沼としては驚異のリミットメイク。フォールクローのテキサスでも釣ってはいるが、立役者となったのがクランクベイト。気鋭のインディーズクランクベイトメーカーMPBのワイルドボアを巻いてきました。ハイピッチアクションのこのクランク。牛久沼では相性がバツグンらしく毎回サカナを持ってきてくれています。9月はMPBがたまや大会に協賛してくれると言うから楽しみ!

WILD BOAR -ワイルドボア- | MPB LURES -Monster Panic Bite-
丁寧な作り込み。実は所持しておらず使ってみたいクランクのひとつなのです。

20160821tamayaushikunuma (54)

2位:1780グラム/2本
たまや大会・会長である谷口会長の弟子!?である杉山選手が嬉しい準優勝。こちらもメインエリアは西谷田川。この日の上位10人の内、実に8人が西谷田川にてサカナを手にしてきました。ただし、一匹あたりのウェイトは低いのは特徴。優勝のヨコイさんが4キロオーバーだから、大きいサカナが釣れるのはやはり東谷田川なのです。

杉山選手ですが、使用ルアーが3.5インチのカットテールワームのネコリグ。このライトなネコリグを主軸としているアングラーは安定した釣果が得られるから常に上位に食い込んできます。カバーが多い牛久ですから、PEラインにフロロリーダー装着というマッディシャローレイク仕様に特殊進化を遂げている釣法です。

杉山選手、帰りはバッテリーがヘタってしまってオールで漕ぎながら帰ってきました。12Vのエレキだと夢中になるとバッテリーが枯渇するから減り具合には要注意ですなぁ。こりゃ24V手をだしちゃう??

20160821yokoi

2位:4130グラム/3本
前篇でも書きましたが、全盛期の女子レスリング・吉田沙保里バリに連勝を重ねている横井選手が優勝。3本リミットの大会で4キロオーバー、しかも牛久沼。風の吹くタイミングと、減水していく水位を見て水の増減に影響を受けづらい場所をセレクトしてきました。

20160821tamayaushikunuma (80)

しかも、ルアーがビッグエスケープツイン。2位のスギヤマ選手がライトリグでの(ワーム部分だけみるとね)釣りですから、釣りは同じ釣り場でも「ライト」「ヘビー」、「弱め」「強め」の双方が活躍するのだから面白いものです。ん、でも普段はもっとヘビーウェイトを使うとのことだから、横井さんからしたらライトリグだったりして!?

20160821tamayaushikunuma (70)

トラメガによる解説もとっても滑らかでした。H-1グランプリ津久井湖戦でも何かやらかしてくれそうです!(昨年は勝っているし・・・)

20160821tamayaushikunuma (78)

そして、今年もありがたいことにノリーズがたまや大会に協賛していただけました。春のノリーズカップは今や風物詩ですね。伊藤巧君どうもありがとう!←この日もブンブンでトークショーがあったみたいで多忙みたいです。大人気だ。

20160821tamayaushikunuma (73)

ノリーズのスタッフじゃないけど、「まぁまぁノリーズ」なモーターの伊藤さん(谷山商事)がジャンケンを担当。素敵な協賛をいただきました。

ウィナーはなんと中学生!牛久沼ノリーズカップ2016しだるま参戦記!【たまやボート】 : namaro★blog~ナマローブログ~
5月のノリーズカップも楽しかったな~~


20160821tamayaushikunuma (76)

AOY争いでは8月現在2位のナカニシ御大はなんとヒラクランクギルSBILLをゲット。牛久でもいいみたいですね。

20160821tamayaushikunuma (75)

僕はというとガンタージグライトをいただきました。ゴチャゴチャしたところに投げてぇっす。

20160821tamayaushikunuma (67)

お昼ご飯は、上陸後にカップ焼きそばを。あ!月曜のお昼もカップ麺だった!ジャンクなランチが2日も続いてしまいました。カップ麺と飲み物は、たまや大会に出るとひとり1セット供されます。

2016年たまやトーナメント
過去のデータがガッツリ残っていますから釣行の前に参考にするのは大ありですぞ。

たまや大会は参加のハードルは非常に低いオープントーナメント。たまオヤ、たまママも頑張っていますから当ブログを読んで少しでも興味を持ったら参加してみたはいかが?僕も最初は、飛び込みで参加したひとりです!最初の一歩、歩んでみようよ。



安室奈美恵は「今までの君のままで進めばいいから あきらめないで everyday」と歌っていましたが、今までのままでいるのはもちろん「成長」も必要なのは確か。背は伸びなくなってしまいましたが、これからの釣りでの成長はあるのか!?そんな思いを抱かせられる日曜日でした。そろそろガッツリ釣りたい。今年はナイスサイズのバスを拝んでない~~このままじゃ2軍行きですよ。シーズン終了後、戦力外通告だけは御免だ。




PR



ウィニングルアーはノリーズビッグエスケープツイン!真夏の沼を制したバルキーワーム【牛久沼2016年8月たまや大会ノリーズ杯しだるまレポ・前篇】

より速く、より高く、より強く

とはご存知、オリンピックのコンセプト・モットーであります。こと、バス釣りに関してもかくありたいものですが、タフコンディションになればなるほど「より小さく、より細く、より弱く」してしまうきらいがことトーナメントの状況下であってしまうものです。(それが正解であることもあれば、不正解のときもあるわけす。)今回は「より強い」選択をした人が勝ったお話、、、

20160821tamayaushikunuma (52)

2016年8月21日(日)の牛久沼
台風が来る前の静かな日曜日に、たまやボートの定例大会が開催。8月はノリーズが協賛!「ノリーズ杯」としてにぎにぎしくスタートが切られました。(いつもありがとうございます!)前日の土曜日はゲリラ豪雨混じりの雨模様の中かなりの人がバスを手にすることができたようです。そして日曜は、天気予報に反してちょっと晴れ間も見えるムシムシの真夏の大会となりました。そして、ウィニングルアーとなったのが・・・

20160821tamayaushikunuma (87)

ノリーズ「『ビッグ』エスケープツイン」


がウィニングルアーとなりました。

20160821kekkaushikunumatamaya

優勝は横井選手。4130gを持ち込みまさにブッチギリの優勝です。2位との差も2キロ以上とまさに独壇場。

20160821yokoi

逆光でちょっと暗いけど・・・サイズ的にも48.5センチを2本持ち込むという驚異的な釣果!しかもこのヨコイさんが強いのなんの!!!

20160627h1ushiku (92)

2016年6月26日に開催されたH-1グランプリ牛久沼戦にて準優勝!この時のルアーもファットCBBDS3と『強め』のクランクベイトだった。そして・・・

20160724sintone (145)
S_4655579397704

2016年7月24日に開催されたH-1グランプリ新利根川戦では優勝!


yokoisanlure_bypaku

しかも、この時にウィニングルアーが自作の『強め』なクランクベイトでした。本番で初めて自作ルアーを投入するあたりの勘ドコロ、出しドコロが実にうまい・・・さらには、ハードルアーからソフトルアーまで引き出しもとても広い!広すぐる!

20160821tamayaushikunuma (81)

そして、8月の牛久沼たまや大会を制したのがビッグエスケープツイン。僕もまぁまぁなノリーズファンでありまして、もちろんビッグエスケープツインもタックルボックスに忍ばせています。(しかし、あまり結ぶことがないっっ)

「今年はビッグエスケープツインに助けられている。ルアー事態の大きさ過ぎるかと言うとそうでもなく、釣れるサカナもとても大きいんです」


と話していました。

20160821tamayaushikunuma (84)

リグは7グラムテキサス。フックは最近リリースされたばかりのカルティバZカスタムの4/0。ラインはフロロ16lb。リグり方にも工夫があり、よりスローかつボリューミーにするために「パンチスカート」を装備。この日、にごりがちょっと強い東谷田川を攻めていたため、強めなカラーであるブラックエメラルドをチョイス。

使い勝手は、7グラムテキサスと言えど、ワーム自体のボリュームとスカートのおかげでかなり沈下速度はゆったりとしたものにるそうです。いけそうなポイントに投げこむと、ぐっぐっ!と強めに抑え込むようなアタリがでたそうだ。

ビッグエスケープツイン・・・大きさからするとそのままの通りまさにビッグ!ノリーズルアーズのラインナップによると…
①エスケープスイムツイン②エスケープリトルツイン③エスケープツイン④ビッグエスケープツイン
『ビッグ』はエスケープツイン一族の長男格。通常の使用からするとちょっとためらいを持つほどの大きさです。ここぞと言うときにのみに使うビッグサイズ。ザリガニも成長して大きくなった夏です。大きなルアーが、水中の食い気を呼び覚ましランカーをゲットすることができたに違いないのです。

タフな牛久沼だからと言って小さくまとまらないで、大きく勝負することも大切なのを実感しました。、、、、で、お前はどーだったのかって!?続きはまた。台風が去ったあとにでも。



ビッグエスケープツインと言えば、ノリーズフィールドスタッフの城ノ上選手。

城(ジョー)の亀山釣行記!
アメブロいつも拝見しています。

ビッグエスケープツインと言えばノリーズフィールドスタッフの城ノ上さんです。ブログ更新も頻繁で、ビッグエスケープツインを使ってのビッグバスの狙い方はとにかく丁寧。立木の横で船を器用にステイ、ビッグエスケープツインを繊細にあやつっています。←やってみたい!


⇒⇒次回は、大会本番についての詳細をお伝えします。
 


プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文