namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

スーパートライアンフ


スポンサーリンク




スーパートライアンフを触ったら眠っていたマイ・トライアンフが覚醒!【CSYC-73MH+スーパートライアンフ】

一番デカイサカナを釣り上げたロッド

あなたは憶えていますか??まぁ、釣りビトならその状況、時間、そして時間も含めて憶えていることでしょう。僕の場合そのロッドはコンバットスティックインスパイア「トライアンフ」でした。トライアンフ=大勝利~~まさにその名の通り、僕にビッグバスを連れてきてくれた思い出のロッドです。

triumph (1)

このロゴに憧れた人の多かったのではないでしょうか?バス釣りブームの際は、とにかく買えなかった!

triumph (3)

インスパイアはボロンロッド。高弾性カーボンロッドが出る前の、ハイエンドモデルと言えばボロンでしたね。今でも感度は良いという噂。折れやすい?なんていう話もよく聞かれました。

triumph (2)

久しぶりに手にしてみたけど、今でも使えますね!こりゃ。ちょっぴり、腰が折れている?感じがするので巻き物にいいかも・・・

友人からかつて譲ってもらった竿なのですが、時代を超えて再び活躍できるかも…20年以上前の竿ですが未だにチカラを感じます。

P3060371
実は、自己記録は日本じゃなかったりメキシコだったりします。桃源郷でしたね。(62センチ・9ポンドオーバー)

発売は90年代半ば・・・空前のコンバットスティックブームの中、あの「電撃アワセ」でもって今江大先生が釣り込んでいたロッド。でっかい、スピナーベイトなんかも巻いていましたね。

使い心地としては、ガッチリとしていていて合わせた瞬間に自分の二の腕に衝撃が走るようなハリがあります。基本、ロードランナー使いなものでその感覚はちょっと別物感があるのです。でも、一番デカイのはこの「トライアンフ」でした。2012年の出来事ですから、この時に新しい道具だからと言って、デカイサカナが釣れるわけじゃないんだなぁと実感した次第。昔の竿も、良い竿は良いということです。

そんなトライアンフの進化形がエバーグリーンから2016年3月に発売されるようです。もうすぐだ。

20160130fishingshow2016 (158)

スーパートライアンフ!7フィート3インチと長め。MHロッドの最高峰のひとつではないでしょうか。お値段も~メーカー希望小売価格7万9000円とベリーエクスペンシブですねぇ~~ひえぇ

20160130fishingshow2016 (157)

触ってみましたが、やはりそりゃもう旧トライアンフよりもバランスを改善されていた気がします。持ち重りもあまりなさそうです。なお、トライアンフはそれなりの重量感があるので腕力がちょっと必要なんですよねぇ。

清水盛三プロの自信作のようです。アメリカツアーで使うからにはかなりのパワーとみました。そして、頑丈そう。確かに、インスパイアの「トライアンフ」も頑丈だからこそ今でも使っていられるのです。『丈夫で頑丈』なのは道具としてとても大事!

20160130fishingshow2016 (160)

かつては、河口湖ではコンバットスティックインスパイアの「エアリアル」をたくさんの人たちが振り込んでいたものです。今では、エバーグリーンはどちらかというと関西の方では大人気なメーカーといった印象。牛久沼といったパワーゲームが必要とされるフィールドでは今でも、使っている人が散見されます。

考えてみたら名竿・・・名刀に新しいも古いもありません。新しいスーパートライアンフはなかなか入手できなさそうですが、旧トライアンフ!今年は、眠っていたロッドが今年目を覚ますかもしれません。ふふふ。



PR



フィッシングショー2015横浜その④【エバーグリーン シナジー他】

2月1日と言えば球春到来。沖縄で各球団がキャンプインして盛り上がっている中、我々釣りビトたちは新製品の釣り道具やらウンチクやらで屋内でヌクヌクざわざわと盛り上がっているわけです。

フィッシングショーの行われている横浜と言えば、横浜ベイスターズ。キューバの助っ人外国人グリエルとの正式契約が交わされていないなんて不穏な噂がありますが~~昨シーズン横浜スタジアムで巨人戦を観戦しました時です。グリエルを練習風景から見ていたのですがちょっと他の選手とは身のこなしが違いましたね。野生動物のような躍動感があるというか。試合中も魅せる選手でしたし、見事その試合では結果も出しました。

釣り具メーカーで言うそんな魅せるプロ、結果を出すプロ、レジェンドプロが数多く契約・所属しているのが

エバーグリーン

ですね。
P1301740
90年代後半のバス釣りブームの時には、エバーグリーンのプロたちの話を聞くためにフィッシングショー(当時は釣り博)で1時間前!からセミナーの待ちをしている人たちがいたものです。おっかけ、アイドルのイベント状態だったのを憶えています。
P1301738
結果も出しているプロがいっぱい。~~みなさんゴッツイですなぁ。
P1301743
おったのぉ。
でお馴染みの。菊元プロのセミナーも大盛況でした。ブログ読んでいます。(望遠で撮りました。)

注目は、清水盛三プロモデルの「コンバットスティックシナジー」。なんとダイワとの提携コラボでのコンバットスティックニューモデル。それだけに、ダイワブースのすぐお隣さん。
P1301763
盛三プロら、アメリカツアープロは日本のフィッシングショーにはスケジュールの関係上、参加できません。この人たちがいたら更に盛り上がること間違いなしでしょう。
P1301750
赤がコンセプト。
P1301751
ブランクスのカラーもグリップも全部赤い。
P1301746
今のところ3本の展示。
「スーパーディトネイター」=ジグ&ワームロッド
「スーパートライアンフ」=バーサタイル
「スーパーマグナム」=超ヘビーカバー

という展開。
P1301749
3本が参考展示されていたのですが、一番気になったのが「スーパートライアンフ」。
P1301748
「トライアンフ」。これを懐かしいと思える人は余裕のバス歴10年オーバーですよね。
実はこの懐かしの「コンバットスティックイスパイア『トライアンフ』」でワタシは自己最高記録を釣り上げています。10ポンドには届かなかったけどロクマルオバー!!・・・・ただしメキシコでですけどね。しかも2011年のこと。ちょっと昔の竿だけど、パワフルかつ掛け調子はそのまま。「スーパートライアンフ」はそのトライアンフのリブート版ってことですか。でも素材とかは最新技術・素材を導入しているので全くの別物ですよ。
P1301764

清水盛三プロがスポニチのコラム
で解説を行ってくれています。
通常なら1/2オンスのスピナーベイトとかスイミングジグ用って感じですね。後は軽いラバージグとか…。それにシャワーブローズのようなトップウォーターを大遠投して遠くで掛けるなんて事にも使えると思います。
スポニチのコラムは他のコラム執筆陣も含めてよく読んでいます。
P1301754
P1301753
なお、この3本。どれもぶっとい!そしてゴッツイ!
アメリカン仕様なので筋トレしないと普通の体格ではカラダいわしてしまいそう。そんなロッド。「アメリカのツアーを戦える竿ってこういうことなんだよっ」て言う感じでした。
P1301766
実戦至上主義。
まさにプロ仕様ってことですね。ううん、関東でこの竿を使いこなせるかどうかは・・・牛久だったら出しどころありますかね。


⇒【予告】ジャッカルブースで気になったのは「おりきさわ」だった‼というお話。



プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文