2017年のグラスロッド考

行ってきました!名古屋で行われたキープキャスト2017!
フィッシングショー横浜が行われましたが、そこには出展をしなかったメーカーたちが集うことと、メーカーさんやプロの人たちとのほどよい規模感が好感度◎という事で、今回で3年連続の訪問となりました。

20170218keepcast (97)
走ってはダメ!焦る気持ちが抑えきれない人たちで溢れた早朝のポートメッセ名古屋。

さて、今回のキープキャストで気になったタックルと言うと『グラスロッド』でした。昨今の巻物ロッドと言えば『中弾性カーボン素材』を使ったロッドが主流ではないでしょうか。僕が手元に持っている巻物ロッド…

『ノリーズロードランナー・ハードベイトSP』
『ノースフォークコンポジットTCRシリーズ』

などを主力としていますがどれもがカーボンを大元とした中弾性カーボン素材です。その一方で、忘れてはならないのが昔なつかし!?『グラス素材』を使った巻物ロッドです。

「ノリが良い」「障害物にスタックしにくい」といったメリットを知ってはいるものの「重い」「疲れる」「ボヨボヨしてよくわからない」と言ったデメリットもあったりして僕の中の手数の中でグラスロッドの出番は減ってしまっていました。

メガバスのトマホークなんかは今もどこかで活躍の場が生まれるのではと思い、手元に残しています。しかし、その出番はまだ…ない。メリットとデメリットが混在するロッドが「グラスロッド」なのです。
続きを読む

PR