namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

エバーグリーン


スポンサーリンク




ジャックハンマーと言えば範馬刃牙の腹違いの兄ですよね【フィッシングショー大阪2017】

ジャックハンマーが釣り業界に参戦

ジャックハンマー…その名を聞いて震え上がるアナタは相当な『刃牙』ファンとみました。噛みつき(バイティング)や肉体改造のためにドーピングも辞さず~強さのためなら「明日を見ない」そんな生粋のファイターそれがジャックハンマーです。

↑この御人です。主人公の範馬刃牙とは腹違いのお兄さん。カナダ出身で、人体改造しまくっていて現在は2メーターオーバー。体重は200㎏以上らしいです。知らぬ間にデカくなってます。

なんのこっちゃですが、バス釣りの世界にもとうとうジャック・ハンマーがやってくるのです。しかもアメリカから。

20170205oosakafishingshow (5)

フィッシングショー横浜でチェックし忘れていたエバーグリーンから出るブレーデッドジグ!チャターターベイト!がその名も『ジャックハンマー』なわけなのです。

チェックし忘れていて、ネットなどで見てモンモンとしていたので、大阪に行った先輩から写真を送ってもらいました。それで、早速ブログUPですよ。気になる!続きを読む

PR



スーパートライアンフを触ったら眠っていたマイ・トライアンフが覚醒!【CSYC-73MH+スーパートライアンフ】

一番デカイサカナを釣り上げたロッド

あなたは憶えていますか??まぁ、釣りビトならその状況、時間、そして時間も含めて憶えていることでしょう。僕の場合そのロッドはコンバットスティックインスパイア「トライアンフ」でした。トライアンフ=大勝利~~まさにその名の通り、僕にビッグバスを連れてきてくれた思い出のロッドです。

triumph (1)

このロゴに憧れた人の多かったのではないでしょうか?バス釣りブームの際は、とにかく買えなかった!

triumph (3)

インスパイアはボロンロッド。高弾性カーボンロッドが出る前の、ハイエンドモデルと言えばボロンでしたね。今でも感度は良いという噂。折れやすい?なんていう話もよく聞かれました。

triumph (2)

久しぶりに手にしてみたけど、今でも使えますね!こりゃ。ちょっぴり、腰が折れている?感じがするので巻き物にいいかも・・・

友人からかつて譲ってもらった竿なのですが、時代を超えて再び活躍できるかも…20年以上前の竿ですが未だにチカラを感じます。

P3060371
実は、自己記録は日本じゃなかったりメキシコだったりします。桃源郷でしたね。(62センチ・9ポンドオーバー)

発売は90年代半ば・・・空前のコンバットスティックブームの中、あの「電撃アワセ」でもって今江大先生が釣り込んでいたロッド。でっかい、スピナーベイトなんかも巻いていましたね。

使い心地としては、ガッチリとしていていて合わせた瞬間に自分の二の腕に衝撃が走るようなハリがあります。基本、ロードランナー使いなものでその感覚はちょっと別物感があるのです。でも、一番デカイのはこの「トライアンフ」でした。2012年の出来事ですから、この時に新しい道具だからと言って、デカイサカナが釣れるわけじゃないんだなぁと実感した次第。昔の竿も、良い竿は良いということです。

そんなトライアンフの進化形がエバーグリーンから2016年3月に発売されるようです。もうすぐだ。

20160130fishingshow2016 (158)

スーパートライアンフ!7フィート3インチと長め。MHロッドの最高峰のひとつではないでしょうか。お値段も~メーカー希望小売価格7万9000円とベリーエクスペンシブですねぇ~~ひえぇ

20160130fishingshow2016 (157)

触ってみましたが、やはりそりゃもう旧トライアンフよりもバランスを改善されていた気がします。持ち重りもあまりなさそうです。なお、トライアンフはそれなりの重量感があるので腕力がちょっと必要なんですよねぇ。

清水盛三プロの自信作のようです。アメリカツアーで使うからにはかなりのパワーとみました。そして、頑丈そう。確かに、インスパイアの「トライアンフ」も頑丈だからこそ今でも使っていられるのです。『丈夫で頑丈』なのは道具としてとても大事!

20160130fishingshow2016 (160)

かつては、河口湖ではコンバットスティックインスパイアの「エアリアル」をたくさんの人たちが振り込んでいたものです。今では、エバーグリーンはどちらかというと関西の方では大人気なメーカーといった印象。牛久沼といったパワーゲームが必要とされるフィールドでは今でも、使っている人が散見されます。

考えてみたら名竿・・・名刀に新しいも古いもありません。新しいスーパートライアンフはなかなか入手できなさそうですが、旧トライアンフ!今年は、眠っていたロッドが今年目を覚ますかもしれません。ふふふ。




スモールクランクベイトが欠かせない関東でエバーグリーンのFACTクラフトは火を噴くのか!?

以前にも書いたのですが兎にも角にも「タイニークランク」「スモールクランクベイト」が自分の中でのひとつの武器になっています。

namaro★blog : 関東フィールドではもはや定番化か!?ラッキークラフト・クラッチを眺める夜。
なぜだろう…いつも結んでいます

リッククランがぶっといラインとぶっといグラスロッドでアメリカンなスタイルでスモールクランクベイトをブンブンと細かいところに投げるのがそのイメージでした。しかし、実際やってみるとそりゃなかなか難しいものがあったので今は、それなりに投げやすいタックルをセレクトして小さいクランク君たちを投げては釣りを楽しんでいます。ジャパンスタイルに順化しています。

ロッド、リールも重要でH-1総帥の鈴木美津男さんのクラッチ用ロッド!?もリリースされたりしていますね。これぞ関東のスモールクランクベイトスタイル。

SHOOT

すでに購入したファンも多くいる模様。

クラッチは最近はどの釣り具屋さんにも置いてありますよね。それほどのスタンダード。カラーも多種多様だしなにしろ1000円というのが思わず人間をリアクションバイトさせてしまう要因です。

今月のBasser誌の裏表紙の広告にあったタイニークランクベイトで気になったのコレ。

egcraft

エバーグリーンのFACTクラフト。↑上記のカラーを公式ホームページのトップ画面に持ってくるあたりは関西?もしくはオカッパリを意識している気がするのは僕だけでしょうか。アメリカンテイストではありませんし、南関東平野部の川や沼の人たちは手をだすかなぁ!?

EVERGREEN(エバーグリーン インターナショナル) - クラフト
EGのルアーって関西のメーカーなだけに丈夫なイメージが・・・

キニナルのはこのサイズでマグネット重心移動システムを採用しているところ。このサイズでその手間暇はなかなかなものです。基盤リップ採用だからキビキビ系になるのでしょう。

メーカー希望価格もなかなか。

1,728円(本体価格:1,600円)

ムムム。強気な値段設定。それだけに釣れちゃうのかな?これは、ちょっと巻いてみたいルアーがまた一つリリースされることになったもんだ。






【名古屋ザ・キープキャスト2015】エバーグリーン、イマカツ、ガンクラフトが大盛況~

春めいてきました。

なんていうニュースも取り上げられる時期ですね。春の気配・・・来週末こそは・・・なんて考えているバスマンもたくさんいることでしょう。名古屋のキープキャストでは、いろいろなメーカーが展示をしていますが、中部地区ということでやっぱり琵琶湖で人気のメーカーが長蛇の列ができていました。

P2202266

長蛇の列。男子トイレに並んでいるのではありません。

P2202269

すごいな・・・。整理券をもらおうとイマカツブースに人が殺到しているのです。
(東レとのコラボレーションブースでの出展)

P2202268

今江プロもいらっしゃいました。

P2202267

皆さんのお目当てはコレだったようです。

  K.IMAE Top Secret | IMAKATSU


バスロイド「ライヒー」。確かにリアルです!
倍率凄かったみたい。やはり関西での人気は不動ですね。


P2202144
ガンクラフトブースです。

ジョインテッドクロー!いわゆる「ジョイクロ」。「ジョニクロ」じゃぁありません。ちなみに、ジョイクロではまだ釣ったことがありません。亀山などで使って良い思いしている人もいるとかいないとか。

P2202149

独自の世界観・・・社長の前に列が出来ていました。こちらも関西>関東なメーカーですよね。紀伊半島のダム湖あたりでジョイクロ投げたいですもの。

P2202147
P2202146

ルアーも独創的なのですが「食品」というカテゴリーであえて限定感を出す感じ。好きですね~

P2202148

どらやき!


そして、エバーグリーンブースも盛況でしたね。やはり、琵琶湖を中心としたバス文化があるのが関西の面白いところ。中部地区はどちらかと言うとそちらの色合いが強いお客さんが多いと感じましたね。





 


livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文