namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

アルファスSV


スポンサーリンク




【まとめ】2016シーズン活躍したタックル&釣法たち『5セレクト』

サカナと向き合い
自然と向向き合い
そして・・・

物欲と向き合う

・・・そう、バス釣りは道具(タックル)でもって遊ぶ趣味です。次から次へと開発されるメソッドや便利な道具たち。そして、掘り返される過去の釣法。その奥行きは際限がなく、2016年~今年もまた湧き上がる物欲との戦いが繰り広げられました。当ブログでも、たくさんのインプレ記事を書きましたし、感動の一匹を連れてきてくれた道具やルアーがありました。振り返りましょう、忘れる前に。

いろいろありましたが、思い出深い5つをカウントダウン形式でお送りします。


⑤チャターベイト

20160925ushikunuma (6)

20160925ushikunuma (5)


チャターベイトが釣れる釣れるとは聞いてしましたが、今年やっとのことで釣ることができました。場所は利根川。牛久沼ではウィニングベイトにもなっていますから、来季、自分のモノにしてみたいルアーのひとつです。

坂東太郎にて入魂成功!KTWコブラチャターでやっと釣ったった~! : namaro★blog~ナマローブログ~
チャターベイトがアメリカでは主流!?



USトッププロのデビットハイトは「チャターベイトはクランクベイトだと思って!」とグラスロッドの使用をおススメしています。Basser誌で北プロがグラスロッドについて再考させてくれています。年代物のグラスロッド『メガバスのトマホーク』が手元にあるからお試しの要素大ですかな。



④フォールジグ

フォールの釣り・・・大好きなのですが、今季までは基本はテキサスリグでした。しかし、牛久沼の1メートルという水深でできるだけ長くアッピールさせてみたいと思ったところに気付かせてくれたのがフォールジグという釣方。

20160925ushikunuma (12)

ハイドアップのスライドフォールジグがその釣りを教えてくれたわけですが、付けるワームのちょっとした違いで動きが変わってくるのがまた面白いところです。

沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!! : namaro★blog~ナマローブログ~
沼のバスも反応

20160925ushikunuma

今シーズン、唯一の50アップを連れてきてくれたので想い出となっているルアーなのです。



③ワーム補修

これまではワームの頭がフッキングなどで崩れてしまった場合は躊躇なく廃棄していたのですが『補修』という方法を知ってからはワームの消費量がかなり減りました。



輸入品のスパイクイットや、たくさんの釣りビトたちが使っているらしいセメダインスーパーX。補修だけじゃなく、改造にも使えるので重宝しています。メーカーさんからしたら「ヤメテーッ!」ってお話かもしれませんがスーパーサラリーマンアングラーとしてはありがたい限り…

【ワーム補修】スパイクイットとセメダインスーパーXクリアを使い比べてみた。 : namaro★blog~ナマローブログ~
臭みも残らないのもいいんですよね(人間が嗅いでね)
②折れたロッドを修理に出してみた

何度も書いていますが、結構『雑』な性格なのか!?ロッドを折る経験が毎年のように発生しています。

tonekasumi20160731 (28)
ギャァ!完全に折れちゃいました・・・

今季は、マイロッドの中でもかなりエクスペンシブな部類であるノースフォークコンポジットのTCRを折りました。免責期間も切れていたので、雑誌広告でも有名なチャンスさんに補修を依頼。変わらぬ使用感で戻ってきたのでその驚きを記事にしました。

思ひ出が一杯詰まったバスロッドが折れたのでチャンスに修理に出してみた! : namaro★blog~ナマローブログ~
補修場所も素人目にはほぼわからず・・・なかなかのビックリ具合でしたね・・・


①レジットデザインのロッドが増える

よく読まれているブログ記事ということもあります。レジットデザインのロッドが手元に増えつつあります。使い心地がマッチ。絶妙な価格帯。そして 、看板の北大祐プロが大活躍ということにも影響されちゃってます。プロモーション大成功だなこりゃ。

20160703kameyama (35)

単身、レジットデザインオーナーズミーティングにも乗り込んだりもしました。(自分はリミットメイクできず・・・)来シーズンはもっと人気になりそうな気配がします。

キャストが上手くなった!?【レジットデザインワイルドサイドWSC65MH “Frog Game Special”インプレ】 : namaro★blog~ナマローブログ~
こちらのロッドはフロッグ以外での使用が増えている・・・可能性が広がっているので来季もガンガン使いたい




今年のこの1本!レジットデザインワイルドサイドWSC610L+インプレッション【初めてのベイトフィネスロッド】 : namaro★blog~ナマローブログ~
先ほど書いたフォールスライドジグもこのロッドで。ちょっと長いので短めのベイトフィネスロッドもほしいところ・・・

すでに、来季の戦略にとって必要と思われるモデルがどんどんリリースされています。あと、年末になってキャスティングで購入した際に応募したプレゼント企画に当選。販売促進も上手い…ヤラレている…

これらのロッドと合わせて・・・リールはアルファスエアを購入。

20160312ushiku (110)

2016年にまでなって初めてベイトフィネスに本格的に取り組んだのでした。なお、アルファスSVは巻物用としてガンガン使っています。手に馴染んできたのでできればもう一個欲しい・・・

アルファスエア実釣インプレッション!これはビギナーにもおススメかも!【ダイワアルファスair レビュー】 : namaro★blog~ナマローブログ~
基本、撃ちモノ用ですが軽めのプラグなどの巻物にもグッド



その他にも・・・

★バイトバスリキッドはすでに漬け込むことが「クセ」になってしまっています。

bitebassliquidgo (6)

バイトバスリキッドでワームの漬け込みを開始①【準備編】 : namaro★blog~ナマローブログ~



バイトバスリキッドでワームの漬け込みを開始②【実践編】 : namaro★blog~ナマローブログ~


★リールオイルはBOREDを愛用するように

20160214bored (1)

オフシーズンにはオイルの講習会に行ってしまったりして!鉱物油~合成油~オイルってもの凄いコダワリ詰まった道具であることを知りました。

噂のリールオイルBOREDのKRAKENをさしてみましたよ【ボアード クラーケン】 : namaro★blog~ナマローブログ~



さて、2017年は・・・すでに物欲が収まることを知りません。バス釣りと道具・・・メンズたちの魂を震わせる新たなる武器がこれからもたくさんリリースされるようです。あなたの2016年のベストタックルは何でしたか?ふり返っておくと来シーズンが見えてくるかもしれません!?


PR



【鋼派2015IN新利根川松屋】やっぱり釣りはおもツライ…

70年代…鈴鹿8耐・バイクレース界の世界でマーカー主導のワークスチームに果敢に挑み、町工場からのし上がったインディーズチームが巨大なるライバルに勝利したのが「世界のヨシムラ」。それを率いたののが″おやじさん”こと「POP吉村」なのはあまりにも有名ですね。(「プロジェクトX」の名作アーカイブスでどうぞ!)

バスフィッシングの世界にも、ご存じダイワ、シマノといったガリバーから数多のルアーメーカー、ロッドメーカーたちがしのぎを削り合っています。そして、個人個人で(もしくはそれに準じだ単位で)、ルアーを作成しているハンドメイド系のルアーブランドもたくさんあります。そんな、ルアーブランドのひとつ、アメリカツアープロの間でもシークレットベイトとされているという「江戸物」(えどもん)サンが主催するハードベイトオンリーの硬派な大会・・・それが

「鋼派」

です。

kouha2015 (6)

エドモンのブログ
今では初夏の風物詩。いつも楽しい大会のプロデュースをありがとうございます。


2015年6月14日(日曜)新利根川松屋ボート店を拠点も今年は121名(71艇)を集めて大々的に開催されました。ルールは2匹の「長さ」勝負。ハードベイトオンリーの男気満点の大会です。近年は、ボート予約も満艇となり大盛況。


kouha2015 (7)

朝のミーティング。有名ルアービルダーやバスプロも多数参加。今年は、バスフィッシング界の大レジェンド・吉田幸二さんも参加されました。

kouha2015 (10)
・・・紫陽花も咲いていて釣れ釣れムードはスゴイのですが・・・まぁ・・・ネ。

鋼派は元祖ハードベイト縛りと言える大会。僕は今回で5回目の出場。かつて3位にも入賞したことがあり思い出深い大会です。なお、H-1グランプリとも関係性も深く、優勝した人にはこの年のH-1グランプリのクラッシク的位置づけの「マスターズカップ」に出場ができるのです。←通常は、通年を戦い上位30位に入らないと出場権が出られない。これはデカイ特典。

kouha2015 (1)

この日は、いつものローボート仕様ではなく13フィート仕様のボートで大学時代のセンパイと2人乗りで出場。ファンフィッシング的要素も強いものがありますが、なんせ大会ですしオトコノ子なもので勝ちたい気持ちは抑えきれません。やる気満々でスタートです。

【フィールドコンディション】
気温:20℃~25℃
水温:22℃~24℃
水質:濁り気味
天気:くもり時々小雨

全員が全員感じるのは『絶好の巻物日和』であること!集中力は俄然MAXでスタートしました。

kouha2015 (11)
Basser誌の釣りウマ記者も参戦中!

近年はハイパワーエレキの使用も増えています。引き波もそれなりに出ますので狭い川部分などではデッドスローを心掛けたいものです。

kouha2015 (23)

曇天。

kouha2015 (21)

ローライト。

kouha2015 (17)

この日はスノヤワラを中心に攻めました。

kouha2015 (12)
小雨気味だったのでカッパを着ての釣り。

先日ブログでもUPした、ダケットフィッシングのロッドも早速活用。クランクベイトロッドですがバズベイトをつけて投げまくりました。

namaro★blog : 【アメリカンバスロッド】「ダケットフィッシング」の白いロッドを使ってみた
ダケットフィッシングの竿

真っ白いブランクスが目立つダケットフィッシングのロッド。すれ違った関西のバズベイトビルダーバクシンさんにも「それダケットですよね?」と言われました。なかなか個性的な竿なのです。

kouha2015 (20)

久しぶりにマウントデッキは使わず。ちょっとガコンガコンいってましたw

kouha2015 (27)
今年注目のダイワのリール・アルファスSVの使用にも慣れてきました。


えっ!?結果・・・


ノーバイトノーフィッシュ!!!


での終了でした。完全試合をくらう~!これは悔しい~。残念。無念。くぅ~~

kouha2015 (31)

鋼派で面白いのが「長さ勝負」であるところ。最近は重量勝負にキモチが行ってしまって~長さ~にキモチが行かないところもあるのですがやっぱり、サカナのデカさは長さですよね。40アップ・・・50アップ・・・ロクマル!?長さがやっぱり心に響くのです。

自分たちにはサカナは全くじゃれついてくれなかったのですが、たくさんのウェイインがこの日もありました。ウェインは71艇中36艇・・・およそ50パーセントのウェイイン率となりました。くぅぅう~くやしいぜ。

kouha2015 (30)

ぐわっ!と50センチのビッグバスも登場!!!松屋ボートの若に聞いたところ新利根の50アップはかなり貴重とのこと。ましてや大会ですからね。

kouha2015 (36)

優勝のおふたり!(50cmジャスト&36.5cm=86.5cm!←ダントツ。)

実はH-1戦士の2人が優勝~~。昨年のH-1GPX2014のAOY・フクナガ選手とルアービルダー・MPBサクライ選手。

kouha2015 (38)

50センチジャスト。素晴らしい。いいなぁ。
(※なお、鋼派のレコード最大魚は痴虫・松本氏の50.5センチ!そのレコードは守られたということ。)

kouha2015 (37)

アフター回復のこの時期で1980グラム。ヘルシーな体重です。

パターンとしては・・・岸ギリギリではなくて、『ちょい沖』のクイなどがあるところで食ってきたとのこと。ここに、凸った僕たちとの差がありまして、我々は・・・

kouha2015 (28)

こういったアシなどのキワキワを狙ってしまっていました。ちょい沖、ブレイクといった部分のケアができませんでした。しかも、ルアーの選択が「トップウォーターでガボッと2匹~」なんて思っていましたが甘かったぁ~~

5位→シャッドゆっくりまき
4位→LCMTO1.5、クラッチ
3位→ブーヤスピナベ、ジェロニモ
2位→mibro、KTWのクランク
1位→MPBクランク、バンゴー(これだけトップ!?)

と上位陣のルアーはほとんどがアンダーウォーター。クランクが中心でした。これまでの鋼派の上位パターンはトップウォーターがからんできていましたがこの日はまたサカナの位置が違ったということですね。

優勝の2人は、釣り進んでいく上で、この『ちょい沖』がヒットゾーンであることを確認。船中4匹もゲットしたという。歴然としたハメ方の差が出た感じ・・・完敗であります。


突撃取材して、ヒットルアーも激写させてもらいました。ブログUPも快くOKしてもらいました。

kouha2015 (44)

50UPをゲットしたのがこちら。MPBルアーズ「バイソンMR(プロトタイプ)」だそう。

kouha2015 (43)

キレイに作りますね~接写に耐えうる完成度。

kouha2015 (41)

お尻から見てもカワイイ。そして釣れちゃいますかぁ~~。背中の歯型でニヤつきながら酒が呑めますな。

MPB LURES -Monster Panic Bite- | High Quality Handmade Wood Model
カッコイイHPも公開されたばかり。注目のルアーブランドですねっ!!!

MPBルアーさん。カッコイイHPも出来上がっていますね。冒頭でも書きましたが、頂上をとったのがインディーズのハンドメイドプラグというのがカッコイイっすねぇ~~。

kouha20150614 (1)

表彰式では、霞ヶ浦を守り育てる吉田幸二さんのお話がありました。

特定非営利活動法人 水辺基盤協会


kouha20150614 (2)

上位入賞者たちへのインタビュー。鋼派ではこれを「吼える」と言います。

kouha20150614 (4)

集合写真を撮って終了しました。今年も楽しい大会をありがとうございました!

kouha2015 (45)

祭りのあと・・・。その日の釣りに合わせる難しさ。状況を読む力の重要性をまたまた思い知らされた一日でした。

kouha20150614 (3)
kouha20150614 (5)

帰り道。取手の伊勢屋さんの「どら焼き」の甘さがノーフィッシュでズタズタになった心身に、じんわりと沁み渡りました。




【ラッキークラフト・クラッチXD】実釣使用インプレッション!

「定番ルアー」

ってありますよね。皆さんも定番というテッパンルアーをそれぞれがお持ちかと思います。最近はハードルアー縛りの大会に出場していることもありますが、必ずロッドに仕込んである定番があります。H-1戦士には使っている人が本当に多いのが・・・ラッキークラフトの「クラッチ」です。

namaro★blog : 関東フィールドではもはや定番化か!?ラッキークラフト・クラッチを眺める夜。
昨年に書いていたラッキークラフト「クラッチ」に関する記事

H-1GPXのトーナメントディレクター・鈴木美津男サンが、利根川のTBCで実績を上げたり、ハードベイト大会「鋼派」で結果を出しているホンモノ。

20150606tsukuikoprac (34)

そのクラッチの新しい型が↑写真下の「XD」です。(上は「DR」)

20150606tsukuikoprac (23)

2.0メートルの潜行深度がポイント。このサイズのクランクベイト型のルアーを2メートルまで潜らせることができるものはなかなかありません。いわゆるレギュラーサイズのMRモデルやディープダイバーモデルとはまた違ったスモールクランクサイズなので使い勝手がだいぶ違います。

20150606tsukuikoprac (28)

右がDR。左が新XD。リップの形状が気持ちDRより長くそしてシャープ。お値段も1000円札があれば買えちゃうリーズナブルな設定。ガンガン、ガシガシ使えるコストパフォーマンスが特長。H-1戦士のタックルボックスには必ずと言っていいほど入っていますね。何せ釣れるし。


そして、実釣です!!!

20150606tsukuikoprac (94)

カラーはリザーバーにて初投入ということでオイカワカラーをセレクト。他にもいい色がたくさんありますよ。見た目にもカワイイですな。

合わせたタックルは、アルファスSVに12ポンドのフロロ。もはや、こちらも自分の中で定番化。馴れてきたのでバックラッシュもほとんどしなくなりました。あまり力を入れずに投げるのがコツです。

初投入のフィールドは津久井湖。減水した津久井湖のバング際を流しました。

20150606tsukuikoprac (85)

ブッシュが美味しそうな、こんなところや。

20150606tsukuikoprac (84)

こういった美味しそうな岬マワリを流していきました。そこまで比較はできませんが、リップ形状からなのか、かなりスムースな潜行をしてくれました。DRより急角度に潜っていくイメージですね。さて、実績が生まれるのか・・・



ファーストフィッシュが!

20150606tsukuikoprac (92)

お、おうっ・・・いらっしゃい!

津久井湖名物の「ハス」くんです。

そして~~

20150606tsukuikoprac (52)

あ、あれ!?!?
婚姻色が立派!!ナイスフッキンッ!!な「ハスさん」~~


・・・バスわ!?


20150606tsukuikoprac (96)

実釣一日目。巻き日和の空模様でしたが、バスくんはクラッチXDに今回は微笑みませんでした。しかし、この扱いやすさは相変わらず。もはやこいつぁ定番ルアーなのであります!!!



 TKHSカラー・・・これがまた釣れるようでっせ~。


プロの解説はYouTubeにてUPされています!





2m~3mのハニースポットを狙う・・・
マッディシャローでの使い方も・・・

さて、サカナを手にする日はいつになるのやら~ 


【H-1GPX2015】新利根川戦に向けて買ってしまった武器たち・・・アルファスSVとかビフリとか・・・

さぁ、結果はどうなったのかハードベイトNO1決定戦H-1グランプリ!

H-1 GRAND PRIX
初戦は・・・

4月19日・日曜、僕は午前2時には出発をして現地にてボートをセッティング。そして8時間の戦い・・・果たして・・・
BOOYAH購入も書いたが、まぁ、オトナなんでこりゃまたイロイロと釣道具を買ってしまったわけなので、反省!?と展望!?のためにも備忘録的に記しておくことにします。ヘッポコアングラーです。参考になるかな!?

 ALPHSASSV (50)

アルファスSV。これはプラから投げまくっていたら手に馴染みましたね。当初クセを感じていたのですが馴染んできました。

ALPHSASSV (35)

アルファスSVにとってかわられお蔵入りするはずだったリベルトピクシーの初期モデルだが、なんのなんの未だ現役として新利根川では投げまくってしまいました。丈夫なもんだ。

namaro★blog : アルファスSV購入&実戦投入 異論反論!インプレッション!
アルファスSVを買った時の雑感はこちらにありますよん

P4102985

H-1GRANDPRIXの冠スポンサーといえばラッキークラフト。ハードベイトルアーを脈々と作り続けるグローバルメーカー。

P4102983

春です。ミノーなんじゃないのぉ~?ということで。

P4102987

65SPサイズ。ちょっと波動弱すぎ?濁っていたら~厳しいかな。

P4102990

ビフテキならぬ「ビフリ」。果たして使うところはあったのかな・・・

P4102980

牛久沼でもビッグフィッシュを連れてきてくれるウェポン。ノリーズシャローロール。定番商品ですが、スピナーベイトに可能性を感じていたので購入。プラの時に実は、こいつにゴッツイのが襲い掛かったのが今回の「スピナベ熱」につながっている。

P4102982

果たして・・・

P4102977

安定感があるコヤツにも触手を伸ばしてしまった。実は、ウィローリーフを本番ではコロラドに換えちゃったりして。いろいろイジッてみています。

P4102979

これもちょっと弱気??の重さを購入。さてさて。。果たして・・・


コヤツラの活躍の場があったのだろうか。結果は報告します。


プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文