namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

たまや


スポンサーリンク




【牛久沼バス釣り!2016たまやファイナル!】冬の牛久沼を制したラッキークラフトBDS2.2~AOYのパターンを聞いてきた

冷え込んだ朝方
気温1℃
水温8℃
晴れピーカンベタナギ


・・・そんなコンディションの中・・・あなたはどんなルアーを投げますか?2016年12月牛久沼たまやファイナル大会。優勝した横井さんが投げていたルアーはなんと・・・

20161211ushiku (66)

クランクベイト

でした!

20161211ushiku (1)

早い。本当に早い。3月に開幕した牛久沼たまや2016年大会も最終戦12月が終了。今年もアングラーオブイヤーが決定。一昨年のAOYレジェンド高橋さんと今季怒涛の3連勝を記録した横井さんによるサドンデス方式の試合となった牛久沼たまやクラシック。

2016年12月11日(日)は冷え込みが強い朝となりました。お昼からは風速7メートルのローボートでは釣りができないほどの爆風に。晴れてはいるもののなかなか大変な天候の中、ファイナルとなりました。

20161211ushiku (58)

最終戦のエライお三方。試合結果は、まさに2強時代の訪れを予感させるふたりが優勝と準優勝!その結果、年間レースも「1位:横井選手」「2位:高橋選手」となり順位の入れ替えはなく幕を閉じることになりました。

惨敗 からの〜 来年こそは|牛久では釣り人
悔しがるブログをUPした高橋さん。2016年はH-1牛久沼戦を優勝。気持ちはすでに来年へ。


20161211ushiku (59)

オーナー・カルティバさんが協賛をしてくださりAOYの巨大盾が横井さんに贈られました。2013年に続いての2度目の年間王者の戴冠。うーん、自分がこの盾をゲットできる日はいつの日に!?

20161211ushiku (78)

3430グラム/2本
※12月大会は2本リミット

しかも圧倒的!圧倒的なウェイトでの勝利。(横井さんは3本釣っていたから3本リミットだったらと思うと恐ろしいことに・・・)今回は、大会全体をお伝えする前にその勝利をもたらしてくれたルアーと釣り方を教えてくれた範囲でブログにUPさせていただきます。

欠かすできない話は今年・2016年の初戦~3月大会のウィニングルアーもクランクベイトだったと言う事です。

20160320ushiku (66)
2016年3月大会より

直属の先輩でもある越川選手がラッキークラフトのBDS3を駆使して牛久の春らしいビッグバスをゲット。優勝を飾ったのはつい先日のことのように思い出されます。強いコンフィデンスがあったためセンパイは同じルアーを投げられるタックルを2本積むという自信の持ちようでした。

牛久沼春の巻きを制したラッキークラフト・ファットCBBDS3&エリア大解剖【勝利者インタビュー】 : namaro★blog~ナマローブログ~
ライトリグが勝利につながるとは限らないのが今の牛久沼!

そして春が過ぎ、夏が過ぎ、秋が過ぎた・・・冬の12月・・・またしても難攻不落の牛久バスを連れてきたのはクランクベイトでした!

20161211ushiku (69)

ウィニングルアー

ラッキークラフトBDS2.2

時を経て再び火を噴いたのがラッキークラフトのクランクベイトでした。しかも、メーカーも同じくラッキークラフト。

前週にプラクティスに入った横井さん。西谷田川ではサカナが小さいということで見切りをつけ、試合本番は東谷田川での勝負にでました。そして冬の朝…まだ暗いうちに投げたクランクベイトにナイスフィッシュが立て続けに食らいついてきたのです。

枯れたアシの中にクランクを入れ込んでいくのでタックルは牛久らしくちょっと強め。

20161211ushiku (71)

ロッド:ジャストエースVGT60MLブランクスを使用した63ロッド(自作)
リール:初期型リベルトピクシー
ライン:16lb


ロッドはなんと自作。なんて手先が器用なのでしょうか。ジャストエースのブランクスを使用したグラスロッドはグラス特有のためはありつつも、バットパワーがあるこだわりの自作ロッドでした。枯れアシの中からサカナを引きずりだすパワーはありそうな一品でした。

カラーにもこだわりが~

20161211ushiku (67)

MSアメリカンシャッド

僕も大好きなカラーじゃないですか。かつてメキシコに行った時には大爆釣できたカラーです。

BDSはアメリカモデルらしくあまりお店にないとか…(横井さんもネットで地方から買ったようです)同じデザインのボーン素材モデルの新機軸・MTSはよく見かけますよね。僕もたくさん持っています。この日は・・・使わなかった・・・

20161211ushiku (68)

TOシャッド

大森プロのシグネチャーカラーですね。どちらもシャッドライクなカラーですね。フックも交換をしており、カルティバのSTYを「前4」「後6」で装着しています。こうしたフックへのちょっとしたこだわりが釣果に繋げているのかもしれませんね。

そんな僕は、ほとんどをオダなどをクイなどをヘビーダウンショットリグやネコリグで打つという試合をしていました。準優勝の高橋さんもヘビダンでの釣果だったのですが、横井さんがセレクトしたクランクベイトという選択肢。あくまでも巻物が主軸という強い釣りで勝利を収めた、強気な釣りに痺れる憧れるわけです。いつかやってみたいスタイルの勝利でした。

20161211ushiku (64)
たまや2016~上位10傑

H-1グランプリが始まったのが牛久沼でした。そのせいでしょうか・・・たまやのオヤジさんも言っていましたが、これまでの牛久沼のウィニングパターンと言えば「テキサス」「ノーシンカー」が圧倒的でした。ところがここ数年はハードベイトが状況に合致すると優勝に絡むことが本当に多くなりました。

そう言えば、バサーオールスター2016を勝利した北大祐プロのメインパターンもクランクベイトでした。いつでもどこでもハードベイトが勝利につながる・・・と言うわけではありませんが、巻きのパターンを武器にできる選手は本当に強いということだと思います。北プロはライトリグも名手だし、実際、横井さんもワームの釣りも上手いですしウィニングパターンにもしています。

そんな当ブログ筆者は、迷いに迷いほとんどサカナに触れることがない1年を過ごしてしまいました。自分のスタイルと爆発力を構築しつつも、コンスタントにサカナを釣ることができる安定感が来季はほしいところです。落ち着きがない、自信のない釣りが続いていると反省しきりなので良いリズムでもって来季を迎えたいと思います。自主トレも欠かせない…かな!?


次回ブログ予定⇒⇒⇒
横井さんのパターンがあまりにも衝撃的だったので、今回はウィニングパターンから書きました。次回は釣れた方だった12月ファイナルの模様も記録として残しておきます。





 

PR



これは釣れるっ!魅惑のハンドメイドクランクベイトをGET!【牛久沼2016年9月たまや大会MPB&MB&アザーセルフ杯しだるまレポ・後篇】

5キロオーバーと言う驚異的なウェイトを目撃して衝撃を受けた2016年9月の茨城県牛久沼たまや大会。今回は、MPBルアーズ、MB(モンキーブレインベイツ)、アザーセルフ・・・この3ブランドからの協賛を経てにぎにぎしく開催されました。

★↓↓上位入賞者パターンについては前篇をどうぞ★
優勝は3本で5キロオーバー!歴代最高ウィイン率!?に湧いた茨城県牛久沼【牛久沼2016年9月たまや大会MPB&MB&アザーセルフ杯しだるまレポ・前篇】

20160918 (7)

MPBもMBは、それぞれ個性的なハンドメイドクランクベイトを製作しており、9月の牛久沼でも活躍が期待されました。実際、良く釣れた日だったのでクランクベイトでのウェイインも非常に多く楽しい一日となりました。運よく3位に入賞できたので協賛品としていただいたルアーも賞品としていただくことができました。嬉しいじゃないですか。

20160918 (79)

MPBルアー代表のサクライ氏も大会にも参加!自身の作るクランクベイトでサカナを持ちこみました。ラッキークラフト社のSKTマグナムの新たなる使い方も模索している凄腕でもあります。

20160918 (46)

賞品として、こちらのルアーをいただきました。

20160918 (49)

ワイルドボアMRです。噂には聞いていましたが、所持していなかったのでこういった形で手に入れることができてうれしい限り。(実はすげーほしかった)高速ウォブロールでプリプリと泳ぎます。サイズも50mmと関東タフレイクでも活躍してくれそうな『食べごろサイズ』なのも魅力的です。これからの2か月間位はまだまだクランクベイトは効くはず!マッディシャローで投げまくりたいですね。


20160918 (28)

モンキーブレインベイツ代表のイサ氏も参戦。こちらも、しっかりと自社クランクでサカナを持ちこみました!イサさんは昔からH-1グランプリにも参戦しているハンドメイドクランク製作者。

20160918 (45)

モンキーブレインベイツさんからも素敵なルアーをいただいちゃいました!

20160918 (50)

通称イサバド!?・・・「レッドカブ」なるトップ的に使用する表層系クランクベイトで、おしりのブレードがアピールをします。フックも牛久という事でダブルフックになっていますね。ミニタイプなので、非常に細かいピッチで水面を駆け抜けるそうなので10月大会はバズベイト的に投げ込みたいですね。見た目もカワイイ。これって結構重要です。

20160918 (44)

たまオヤは「エムビーさん」と言っていましたがw~~正式名称「モンキーブレインベイツ」です。

20160918 (26)

ゲストとして、H-1グランプリ2014AOYの福永ゆーや選手も参戦してくれました。「ナマローさんどうやったら牛久沼でバスは釣れるんですか?」と聞かれました。

20160918 (59)

そんなフクナガ選手も愛用しているのがアザーセルフのキネシオロジーテープ。手首、肘を酷使するハードコアアングラーたちが最近、こっそり使いだしている人が多数。テーピングテープだといかにもですが、迷彩柄なのがちょっと新しいですね。

サンデーアングラーおススメ。釣り翌日の疲れが違う!?OTHERSELFのテープをつけてみたよ【アザーセルフキネシオロジーテープ】 : namaro★blog~ナマローブログ~
新利根川で腰に貼りました

20160918 (47)

こちらも協賛品として大会にて供されました。腰に貼って釣りをしましたが、帰りのドライブが楽に感じましたね。アクティブオヤジアングラーと言える年齢にに達してきました。これからは体のケアも大事ですナ。


20160918 (38)

そうそう、ビルダーさんと言えば、この日はたまや大会にレギュラー参戦もしていた痴虫代表のマツモトさんも参戦。今年、リリースされた「イジリー」でサカナを持ちこんでいました!バラクラにも出店するとのことで、ルアー製作の日々だそうです。そういえば、タカハシさんの牛久沼レコードウェイトは沼海馬で作られた記録だったんだよなぁ・・・

20160918 (65)

夜は、毎年恒例の『ドキッ!男だらけのBBQ大会』を開催。雨が一瞬止んだ瞬間が夕方にあってよかった。おじさん今年もありがとうございました。

20160918 (67)

焼き場を3つ設定してアブレなし。

20160918 (68)

釣り談義は夜まで続きました。

20160918 (74)

アルコールも入れたので、車中泊をして帰宅しました。ちょっと体の節々が痛いです。車中泊をそろそろ本気で研究しないとな。

そんな牛久沼たまや休日大会ですが、来るもの拒まず!いつだってウェルカムの『オープン大会』です。競い合いなのでもちろんルールはあるけど基本的には「休日のお楽しみ」の大会ですから、興味をもったアナタ!スポット参戦も全然OKですから門戸を叩いてみてはいかがでしょうか??マニアックな話ばかり書いていて言うのもなんですが、僕も最初は、右も左もわからずドキドキしながら参加したものですヨ。




いるぞビッグバス!成功なるか牛久沼の怪物捕獲大作戦!【牛久沼たまや2016年6月大会】

取水制限が出ている梅雨の関東~2016年6月19日は関東のローカルトーナメントのアタリ日だったようです。千葉、茨城方面だと・・・「牛久沼たまや定例休日大会」「亀山湖ノリーズカップ」「将監・長門川フロッグマン」そして「印旛沼チャプター」etc.とアングラーたちもバス君たちも大忙しでしたね。

20160619tamaya (24)

ちょっと見ずらいですが・・・牛久沼の大会では堂々の2キロアップがウェイインされたようです。

え?当ブログ筆者が釣ったかって!?~~詳細はまたまた是非。頭の整理ができてからとします。

20160619tamaya (40)

牛久沼たまやボートにH-1グランプリのノボリが立ちました!いよいよです。


 


悩ましの甘噛み・・・ショートバイトの嵐を制したのは!?【牛久沼2016年5月牛久沼たまや大会しだるまレポ!】

BMB

ダイ語的に言うと

「ブルーマンデーをぶっとばしたい」

スッキリとした月曜を迎えるためにも良き釣果を得たいもの・・・が、週末の釣りは決して満足と言えるものではありませんでした。牛久沼ノリーズカップの翌週です。凝りもせず、牛久沼の週末大会に参加してきました。

20160515ushiku (33)

まずは定点のたまや桟橋にて・・・

20160515ushiku (3)

毎朝感じるこの高揚感!雰囲気だけは最高の牛久沼!そして釣果のほどは~~

20160515ushiku (15)

あ!みにくいアヒルの子が!

20160515ushiku (8)

みにくくなんてないな。むしろキュン死必至ってやつですね。5月です。白鳥にも子育ての季節が・・・写真とっている場合か!牛久沼たまや2016年5月大会が開催されました。

20160515ushiku (2)

ワイワイと今大会も43名もの凄腕たちが参加しました。

【2016年5月15日牛久沼フィールドコンディション】
天気:晴れのち曇り
風:北西の風 時々強い
気温:14℃~24℃
水温:21℃~22℃
水位:満水

20160515ushiku (6)

特筆すべきなのは「満水」であること。アシ、ガマ、ハス、ホテイアオイ~~etc.・・・冠水植物で覆われている牛久沼。アシの際奥にまで水はいきわたり、バスたちはどこにでもいることができる状態に!これはサカナを探しずらいという状態に。そして、この日は晴れ・・・必然的にワームやジグを使用した釣りをした人たちがビッグバスを持ち込むこととなりました。

20160515ushiku (5)

この日、僕が使ったソフトベイトを極秘公開!
「ドライブクロー」「ウルトラバイブスピードクロー」「エスケープツイン」「フリップドム」!

20160515ushiku (10)

通称「アシだガマ」なポイント。狙いはいろいろだけど、この季節の場所のいるところはココ?奥の長い植物がアシ。満水だからアシ中で獲ってくる人もいるが。。。

反応があったのはスピードクローとエスケープツインでした。サカナを手に出来たのかというと、エスケープツインで一匹チビスケをゲット・・・。そして、1500以上はあろうかというサカナを手元でバラシ。バイトは5回位はあって、サカナの位置はわかっていた感じでしたがいわゆる~

ショートバイト

に悩まされました。「コッ」「もぞ」「ぐぐぅ」と形容される小さなアタリ、抑え込むようなアタリが非常に多かったです。

帰着後、周囲に聞いてもバイトは多発したがフックアップには至らなかったと・・・。産卵疲れのアフターたちが相手であるこの季節、どうしても直面するのがガッツリとバイトしないということ。想像するに、お腹は空いているんだけど体力がないので思いっきり噛み切れない「甘噛み」状態になるということ。そのため、テキサスリグといった力のいるフッキングをするときにどうしても魚側の力が足りない・・・よって中途半端なフックアップとなりバレ、身切れが多くなる~んじゃないかと。あとは、ワームを丸ごとガップリ食わない。その辺のフッキングの技術は、ベテランたちは心得ているようで上手いことこの時期のフッキングの仕方に変化をつけている人もいるようです!奥が深いね~

10139

結果です!

18人ウェイイン!/43名参加

ウェイイン率は41%

※下の下の方を見ると、当ブログ筆者が。16位~~くぅ~~

20160515ushiku (21)

牛久沼レジェンドのタカハシさん(ラッキークラフト)。毎回、毎回、釣ってきます。しかもサクッと2キロアップ!2100グラム。タカハシさんもスピードクローのテキサスをスイミングさせて釣ってきました。

たまや サンデートーナメント|牛久では釣り人
ブログもUPされています。1本とは言え2キロですか・・・

6月に大会が行われるH-1グランプリ牛久沼戦。牛久ロコのH-1戦士たちも続々とウェイインを果たしていました。これは来月のたまや大会&H-1グランプリが楽しみです。

20160515ushiku (30)

茨城の星・イソザキ選手。西谷田の河口でネコリグで・・・

20160515ushiku (23)

オーバースローの本格派・セキ選手。エスケのテキで。

20160515ushiku (27)

新利根もめっぽう強いサイト―選手も複数匹を!こちらもエスケのテキ。

20160515ushiku (29)

3月大会の覇者。5月はすでに釣り三昧のコシカワ選手。こちらもエスケのテキで1730グラム!3月はクランクベイトでビッグバスを持ち込み、この日は「ワタシ、撃っても凄いんです」と言わんばかりに良いサカナをウェイイン。
「H-1やっていると魚が見えやすくなってくるんだよね」!?なんと牛久沼でもサイトが成立しているとかいないとか!?そして、今大会の結果、コシカワ選手は年間レースで首位に。今年は年間あるか!?

トップ3の選手です。

20160515ushiku (25)

3位:2650グラム(2本)
なんとつい先日までキューバ!に旅行にいっていた革命戦士・フクシマ選手が入賞。しかも49.5センチでビッグフィッシュ賞もゲット。東谷田川のシェードをエスケープツインのジカリグ狙いナイスバスをゲット。釣り方のコツは「魚がいそうなところをガンガンやっていく!牛久はバスがたくさんいるよ。」とのこと。頼もしいですね。

20160515ushiku (19)

2位:2730グラム(2本)
古豪とは呼ばせない!かつて年間を連覇しているスーパーロコ!アオキ選手が準優勝です。満水だった牛久沼。水が野焼きをして伸びてきたアシの中を狙っていった。岬がらみを9グラムのエスケ―プツインのテキサスでゲット。ドライブクローのテキサスにもかえて追加もできたというところから筆者のルアーセレクトも間違っていなかった?

10140

優勝:4330グラム(3本)
ブッチギリで優勝したのはイシイ選手。なんと、今年は5回牛久沼に来て2バイトだけだったが、この日は唯一のリミットメイクを果たしての優勝。ルアーはエスケープツインの7グラムテキサスとヤマセンコーのノーシンカー。「年間狙っちゃう?」なんてみんなに言われていたら、イシイさんは遠洋航海をするお仕事をしているため長期間の離日を余儀なくされている生活をされている!とのこと。だから、次のたまや大会はファイナルになる可能性も!?あるとのこと。まさに集中力がなせる技だったのかもしれません。スバラシイ。

釣り方とルアーについては別UPします。今季は勝利者インタビューをできるだけやっていきたいのです。

20160515ushiku (34)

今大会は「バレーヒル」さんが冠となっての開催となりました。豪華景品のプレゼント(ハンドコンエレキ!)もあったりして大会を盛り上げていたただきました。バレーヒル・伊藤さんいつもありがとうございます。

釣り用品を扱う釣り具の総合メーカーのバレーヒル|ティップランなどをはじめ釣り具の紹介をしています。
迷ったら・・・ネバーストップ!モーターガイドだね。

20160515ushiku (40)

たまオヤからの儀式も。大会終了後、おじさんは月曜日の沖釣りの準備で忙しそうでした。

終了後はジャンケン大会も!


20160515ushiku (37)

じゃんけん大会でおかしくがもらえず、うなだれるコシカワ選手。現在年間1位。

20160515ushiku (38)

一喜一憂しての楽しみもたまや大会のお楽しみです。6月は梅雨と暑さが迫ります。そして、6月大会の次週には、H-1グランプリもあるから関東牛久沼から目が離せませんぜ。

20160515ushiku (67)

5月のたまや大会と、江戸の華「三社祭」の日程はかぶります。宮神輿の宮入はこの人出。帰宅後、ブログを書くこともなく眠りにつきました。

そして、明けての月曜日は、ビッグバスをバラした感触が忘れられず、哀しみのブルーマンデーとなったのでした。


プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文