namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

書評


スポンサーリンク




かつて土曜8時にテレビの前にいた子供だったら読むべし「1989年のテレビっ子」

去る2017年2月17日の帰宅時。珍しく、衝動的に読みたくなった本があり、amazonではなく実店舗にて久しぶりに本を買いました。

なぜに「衝動買い」してしまったかと言うと、昼間に見たヤフートピックスのコチラの記事にやられてしまったから。ヤフーの影響力はスゴイ。

1989yahoo
記事のスクリーンショットより。ヤフートピックスからこちらに飛んだら帰りに奇しくも赤坂・TBSテレビ近くの本屋さんにて本を買ってしまう自分がいました。

「1989年がターニングポイントだった」テレビに蔓延する“自粛ブーム”のはじまり

週が明けた2月17日にヤフートピックスに掲載されたこちらの記事。釣り好き少年だった一方、ご多分に漏れず「テレビっ子」でした。そして、1989年という年は日本のテレビギョウーカイにおいても分岐点だったそう。

「1989年」は、『オレたちひょうきん族』が終わり、『ガキの使いやあらへんで!!』が始まった、そして『ザ・ベストテン』が裏番組の『とんねるずのみなさんのおかげです』に追い落とされた、そんな年。元号が「昭和」から「平成」に変わったのと同時に、テレビの世界も大転換を迎え、文字どおり「平成バラエティ」が産声を上げた年です。

blogosにも連載をしているライターの『てれびのスキマ』こと戸部田誠さんは、年齢もほぼ同じの同年代。いわゆるドンピシャってやつです。この記事が出た、2月17日に双葉社から「1989年のテレビっ子」をリリースしたのです。サブタイトルも長い・・・「たけし、さんま、タモリ、加トケン、紳助、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン、その他多くの芸人とテレビマン、そして11歳の僕の青春記」です。

最近の1990年代生まれの新入社員君たち自体はご存知ないでしょうが、1989年当時のテレビは、インターネットもない時代、何気ない日常の娯楽で王様でした。情報のほぼ全てがテレビ(もしくは新聞、ラジオ、雑誌)でした。次の日の学校の話題と言えば「あの番組見た?」でしたから・・・今はもうない風景のひとつでしょう。

ひとつ自分として悔やまれることがあります。70年代後半から80年代を象徴するお化け番組として、テレビ史に燦然と輝く土曜8時の番組と言えば「8時だヨ!全員集合」当時、番組は公開生放送を行っていたのですがその公開放送観覧に当選した、同級生のヨシダくんに「一緒に行こうよ」と誘われたのですが、その週末は田舎のおばあちゃんの家に行くことになっていたのでやむなく断ったのです。今思えば・・・「行っておけばよかった!」という後悔の念しかありませんよね。オープニングの「おいっス!」やりたかったぁ~~。そして、「俺、生で観てんだよね」と自慢したかったぁ~~。

18歳から上くらいになると遊びが楽しくて一瞬、テレビ視聴から離れる時代があります。やはり、小学校高学年くらいから高校生くらいにハマッたテレビ番組というのはその人の人生、生き方にも影響を与えるほどのインパクトがあるものです。(ちょっと大げさ?)「1989年のテレビっ子」では、80年代のテレビ番組(バラエティ番組)の絶頂期がまとめられていて当時のテレビっ子たちが読んだらあの時代の興奮がよみがえる書物となっていました。

「THE MANZAI」「8時だヨ!全員集合」「ひょうきん族」「欽ドン!」「元気が出るテレビ」「みなさんのおかげです」「ねるとん紅鯨団」「やるならやらねば」「夢で逢えたら」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」etc.

夢中になった、テレビ番組ありませんか?世代的に「THA MANZAI」の記憶はちょっとありません。(若かりし両親がゲラゲラ笑っていた記憶があるくらい)それ以降、「8時だヨ!全員集合」「ひょうきん族」の土8戦争・・・「元気が出るテレビ!」に夢中だった自分が「ごっつええ感じ」にチャンネルを替えていったこと、「とんねるずのみなさんのおかげす」は当時コロコロコミックで特集もされていたのを憶えています。

20160219tvkko

「1989年のテレビっ子」では、タレントたちの人気の移り変わりの歴史が、ちょっと残酷なまでにも網羅されています。欽ちゃん、紳助竜介、B&B、ぼんちの漫才ブームからタモリさん、たけしさん、さんまさんのBIG3から、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、といったトップをとった人たち。時折出てくる、高田文夫センセーや、名物プロデューサーやディレクターなんかが出てくると当時の最前線だった「ギョーカイ」を垣間見れているようで楽しい。いまだに、この1989年近辺を生き抜いた人たちが看板をはっている状況の2016年のテレビ事情。BIG3を超える20~30代のとんでもないバケモン級のタレントは果たして今後、出てくるのだろうか・・・

こちら、あくまでもテレビがメインなのだが、時折ラジオ番組(オールナイトニッポンとか!)についても書かれているので、ラジオファンとしても嬉しい限り。なお、斜陽化が叫ばれ続けているラジオですが、まだまだ元気に(?)やっていますよ。ラジコが出来てストリーミングでパソコンやスマホからも聴けるからかつてのラジオファンだったあなた!ちょっと戻ってきてみては?

400Ptvkko

なおこちらの本。大ボリュームの400ページ。1700円ということなのですが、あっと言う間に読み切ってしまいました。(電車で乗り過ごしそうになる始末)執筆にあたっては、テレビ・ラジオでの発言、雑誌・新聞でのインタビューを丁寧にひろいあげ構成するスタイルをとっている。資料が膨大なので付箋の嵐だったのではないだろうか・・・次作は、是非、スターたち当人への直接取材でテレビ史をまとめあげてもらいたいものです。



あ、釣りについて書いてなかったですね。そうそう、初めてブラックバスを釣ったのは1988年・夏の山中湖でした。チューブワームのジグヘッドリグで釣り上げました。土砂降りの雨の中で釣りを続けたため、その夜は発熱。旅先で嬉しさと苦しさを感じたのを憶えています。釣りバカっ子でありテレビっ子でした。

<追記>
そして、2000年代に社会人になった僕ですが、実はテレビマンになる可能性もあったんです。(いろいろあって辞退)もしなって、続いていたら今どんな番組を作っていたのかな…むむむ。 
 

PR



このブログに『テーマ』と『世界観』はあるのか!?・・・「荒木飛呂彦の漫画術」を読んだ

活字大好きなんです!

・・・というわけでもないが新書は割と好きで購入してしまいます。しかも本屋さんで。kindleも持っていて電子書籍もたまーに利用するのですが、本屋だとカバーをかけてもらえるじゃないですか。
(釣り雑誌ばっかり買っているわけでもないんですヨ。)

arakihirohiko (2)

こんな感じ。

カバーがなくて剥き出しの状態でこれ見よがしにドヤ顔で電車で読めればわけないのですが、やっぱりカバーがあった方が周囲の目を気にせずに読めますよね。

そんなわけで、最近、手に取っていたのが「荒木飛呂彦の漫画術」。ブログの先駆者で大センセーでも、しょこたんこと中川翔子ちゃんが敬愛する漫画家・荒木飛呂彦さん初の漫画術の本です。新書ランキングではかなり上位に位置していて、先日、東京駅の本屋でもガッツリ平積みされていてびびった。

「パパウ パウパウ」 
「ハッピー うれピー よろピくね~」
「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」


かつてのジャンプ黄金時代から続く「ジョジョの奇妙な冒険」を生み出したノウハウ、ハウツーをおしみなく教えてくれている漫画術本。もちろん漫画家志望でも何でもないのだが、そこはサスガのベストセラー漫画家・・・このブログ執筆に際しても参考になること間違いなしの金言のオンパレードでした。

漫画に限らず映画や小説、テレビドラマでも、名作と呼ばれるものには、その背後に必ず「テーマ」が存在しています。テーマはストレートに表現されるものではなく、言ってみれば、「影のリーダー」的な存在なのです。

漫画、映画、小説、テレビドラマ~~~これらはフィクション、創作の部類ですがこのしょーもないブログの今後の方針にもビシリとご意見をいただいたような気がしました。なお、「ジョジョの奇妙な冒険」のテーマは「人間賛歌」だそうです。このテーマで20年以上、同名作品を描き続けているのですからブレがありません。はてさてこのブログのテーマは何なのか!?特になーんも考えずにいた自分が悔しいのですが、スマホ版の表紙にはこんな風にありました・・・


筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常


●フツーのサラリーマン(バス業界の人間でもないし、バスプロでもなし)が書き綴るバス釣りネタ
●ズンドコベロンチョ(意味不明=なんでもありな)日常ネタ

およそ半年前にしれっと書いたこの表題・テーマ。(はずかしい)つまりは、プロ的視点でも書いてはいけないし、日常から逸脱した嘘っこな内容を書いてもいけない!ということなんですかね。フィクションの漫画でも、リアリティーのない「あ、これは違うな」という違和感のある内容を描くと一気に読者は離れてしまうそうです。荒木センセーは、こういった『テーマ』そして『世界観』を超大切にしているので、リサーチは徹底しているのだそう。僕世代がハマった第三部(空条丈太郎が主人公)の「スターダストクルセイダイース」を執筆している時には、エジプトに3回!も訪れたそうだ。このブログでもそうなのですが、とかくウェブの情報をそのまま『情報』として掲載してしまうこともあるのですが、やはり実際の取材、リアリズムにはかなわないということなんですね・・・(まぁ仕事じゃないので取材じゃないけど)

arakihirohiko (1)

荒木センセーにとって「不利益な本」が僕にとって「利益」な本にならんことを・・・



ちなみに「ズンドコベロンチョ」とは!

周りはみんな知っているのに自分だけが知らない言葉があるとしたら
…という発想の「世にも奇妙な物語」のドラマ


タモさんも大好きな「ズンドコベロンチョ」って一体なに!Σ(゚Д゚) - NAVER まとめ
周りはみんな知っているのに自分だけが知らない言葉があるとしたら …という発想のドラマ ...
草刈正雄サンが熱演

かの名脚本家・北川悦吏子さんの初期作。名作です。ズンドコベロンチョ・・・そんな摩訶不思議な日常生活をせめてもの乱文乱筆で綴ろうと思ったわけです。

兎にも角にも「テーマ」「世界観」
このへなちょこブログもまずはそこの確立だと思ったのでした。




livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文