近所の行列ができる精肉店のショーウィンドーの右下に鎮座する「松坂牛」。ヒレステーキ肉がなんと100グラム5000円という値がついていました。H-1グランプリ2015初戦。僕が釣ったのはこの一匹のみでした・・・

20150419H-1sintone (61)

ウェイト~~実に

100グラム

松坂牛が100グラム5000円。しかし、このサカナは諸々かかった諸経費を考えて換算するとその松坂牛を超えるウン万円の超高級魚になります。嗚呼、なんて虚しい計算をしてしまったのでしょうか…

namaro★blog : 【H-1GPX2015】新利根川…5年目のH-1グランプリ開幕戦!しだるま釣行レポート!【前篇】
前篇はコチラです!まだの方は先にこちらおチェ~~ック!

以下、H-1GPX2015初戦。ちゃんとした結果です。
いるところにはいるもんです。

20150419H-1sintone (67)
20150419H-1sintone (74)

こういったナイスサイズをウェイインしてきたひとたちは心に余裕がありそうな笑顔があります。H-1グランプリはハイシーズンに各地をトレイルする方式のトーナメント。その場所その場所の勝者になることはいわずもがな、やはり「年間」の成績で上を目指したいもの。そうすると↑こういったナイスサイズを釣っておくと気持ち的に余裕ができるのです・・・キロアップですね。ウラヤマシス。

【2015年H-1グランプリ 新利根戦 結果】
参加人数:111人
ウェイン数:50人
ウェイン率:45%

で、’僕’の順位は驚愕の「50位」でありました!ブービーでもなくリアルなお尻の順位…さてそんな当ブログ執筆者の話は別として、釣ってきたエライ人たちのお話から当日の結果をふりかえってみたいと思います。

50人の人数が釣ってきたのは春らしい良い結果だったのか?濁りがありましたがフィッシングプレッシャーはそのおかげで多少はやわらいだのか?昨年が「107人参加・37人のウェイイン」。そうすると釣れた大会だったのかもしれません。

20150419H-1sintone (83)

名物のウェインショー会場。暫定トップシートにはノリーズの伊藤巧プロがっ!初代H-1AOY。


釣り漫才!
ほぼ毎日UPしている伊藤巧プロのブログ・・・エライ!

そんなウェインショーは素敵な車での演出がある。新利根川はジャパンスタイルの軽トラの後部座席!今回は7人のウェイインがあったのですが・・・一人目は・・・

20150419H-1sintone (84)

バレーヒルの植田ルイ選手!いやあえて、植田ルイクンと言いたい。(週刊プレイボーイ風)いやぁ釣ってきましたねぇ。

20150419H-1sintone (91)

トーナメントディレクターの鈴木美津男さんのスマイルも抜群じゃないですか。ヒットルアーはラッキークラフトのBフリーズ65SP。虹色カラーだとか。470グラムでのウィイン。立派すぐる。

H-1グランプリ 開幕です!|植田ルイ@釣って釣られて奮闘記
ブログのUPもマメですね~~

ブログもしっかりとマメにUPしています。「釣って釣られて」って誰に「釣られて」しまったのかが気になるところです。Facebookのページの「いいね!」の数も凄くてビビったりして~~大人気なんですね。昨年から、ウェインショーのインタビューや写真撮影に華やかさが加わりました。

さて、トップ5の人たちのサカナも激写したのでお伝えしたいと思います。H-1グランプリは、トレイル方式なので次に開催されるのは別の場所。同じ場所で行われるトーナメントだといわゆる核心的なキモの部分はちょっと内緒♡ってなったりするんですが、H-1はできるだけ核心となるパターンをみんなの前でオープンにお話するというスタイル。そこがなかなか勉強になるんです。釣れていないと聴いていてかなり悔しいんですけどね・・・

★5位★

20150419H-1sintone (121)

JLBAにも参加している塩谷選手。またもや女性選手がランクイン!(この日は女性が3人も参加しました。)しかも新利根最大級のサカナを持ってきました。スゲー。

20150419H-1sintone (120)

長さが46.9センチ。1890グラム。文句なしのビッグフィッシュ。みんなが思う事「こんなのいたのね。」「なんで何百回も投げたのにオイラのルアーには食いつかなかったんだろう」・・・釣ったら大のオトナが震えますね。

ヒットルアーはまたもやラッキークラフト製。バイブレーションLV300。8:10ごろにスノヤワラの真珠棚で釣ったそう。魚探を見て「魚が深い」と思ったそうで、そこに合わせられるルアーがLV300だったそうだ。やっぱりサカナ釣りは「タナ」「レンジ」ですね。

★4位★

20150419H-1sintone (143)
20150419H-1sintone (153)

佐藤ジンゴ選手!

20150419H-1sintone (160)

2390グラム。全てダイワのDスクエア55・ラトルでとったそうな!
ジンゴ選手は僕も参加している、牛久沼たまやトーナメントの戦士であり、ご近所さん。ということでこの日は、僕のクルマに道具を満載して同乗してきたのです。しかしまぁ、釣ってきますネ。

昨年は、最終戦にまくられAOY戦線では2位に・・・。その悔しさもあってか今年のモチベーションはかなり高い。そして初戦でしっかりとサカナをとってくるのはサスガとしか言いようがない。

20150419H-1sintone (237)

詳しいお話は松屋ボート店の店内にてインタビューが行われたました。夏場はここ涼しくていいんですよね~。

エリアは新利根川上流。Dスクエアは、底質が硬めのところをスローリトリーブ。「2~3位巻いたら底にタッチしながらゆっくり」だそう。一見すると変化が少ない新利根川。そんな中でも自身のあるエリアを見つけて、自信をもって自分の釣りをする。素敵やん。
ジンゴ選手。なんと今年から新興のリールオイルメーカー「BORED」からサポートを受けることになったそう!H-1からもそういったサポート選手が出てきていることがスゴイ。

20150419H-1sintone (195)

試合終了後の動画インタビューを受けているジンゴ選手。饒舌でした。

★3位★

20150419H-1sintone (168)

2014年のAOY!!!選手宣誓もした福永選手。

2014 H-1 GPX 第2戦 牛久沼 一竿堂・OPA!カップ 試合結果
牛久沼・・・今年こそはぜって~~~

2014年の牛久沼での優勝の記憶も新しい?沼人たちが彼の首を狙っているとかいないとか。しかしまたスゴイ連帯率。実力者であります。

20150419H-1sintone (180)

AOYとっていると写真にも撮られ馴れしていますね。良いサカナですなー。

20150419H-1sintone (222)

福永選手も新利根川上流エリアを流したそう。ヒットルアーも撮影させていただけた。

20150419H-1sintone (184)

ワイルドボアMR(MPB)とラトリンログ(スミスウィック)

20150419H-1sintone (188)

なんと特注で塗ってもらったルアーとのこと。福永選手とはFacebookでも繋がっているのですがプラ中の写真をUP!(←平日にUPするので、仕事中に釣欲をざわつかせる男である。)このルアーはモザイク処理がほどこされていてシークレット化していたのです。これだったのかぁ~


MPB LURES
丁寧な作りですよね

20150419H-1sintone (190)

MPBさんも嬉しそうですね。ハンドメイド系ルアーの製作者たちも当人たちが多数出場しているのがH-1グランプリの面白いところです。

20150419H-1sintone (189)

そしてラトリンログ。誰しもが知っているけどなかなか投げないルアー。これを使っているのが渋い!

「なぜラトリンログかって?ああ、だってカッコいいからさ!これでも釣れるぜっ~ってところ魅せたいんだよね」

とのこと。ただ釣るだけじゃなく、魅せる選手へ。どうやらひとりピリオドの向こう側を歩いているようです。やりますな~~

★2位★

20150419H-1sintone (96)

「ナイスフィッシュで~~す!」(自ら)

20150419H-1sintone (105)

2012年AOY!Basser記者・ササキ選手。マイナス15℃のバスマスターズクラッシクの取材も行った今年・・・またもや頂点を獲る可能性もあるのではないか!?と思わせる安定の釣りを展開。

エリアはスノヤワラ。小魚がわらわらといるところをシングルコロラドチューンしたDゾーンフライとクリスタルS1/4オンスで獲ったそうな。前週プラの際、隣でボートの片付けをしたていたとき「強烈なパターンを見つけた。このパターンがハマればある!」と言っていたのですが有言実行。プラでは人流しで10バイトあるパターンとエリアを見つけていたとのこと。ベイトの存在、狙っていたエリア、改造したルアー・・・すべてがハマッタ快心の試合運びだったことでしょう!

そういえばプラの時、片づけをチラ見したら確かにコンパクトなスピナーベイトが結んであったな・・・

20150419H-1sintone (211)

普段、取材「する側」なだけに馴れたのもの。しかし、どんな季節でもTシャツ短パン姿。昭和の小学生スタイルが似合う選手です。Basser誌…かれこれ20年近く購読しているような気がします。記者の釣りの腕も凄腕とはっ!

20150419H-1sintone (8)

Basser誌面企画で、山中湖の実力者・中田敬太郎プロの「ボウズだったら即丸坊主企画」が!どうなったのかって・・・こりゃもう・・・。楽しみにしよう。


★1位★優勝!!!は!?

20150419H-1sintone (135)

山川選手!3010グラムと今大会唯一の3キロ越え。しかも、今回が初の新利根川!H-1初出場。全てレンタルしての出場で、ハンドコンでの参加。普段はオカッパリのみで楽しんでいるそうです。

20150419H-1sintone (141)

試合中盤、エリアがかぶっていてよくお見かけしました。松屋下流からスノヤワラに入る前の水門までをグルグルとしていました。しかも、シャッドをタダマキしているなぁ~~と思っていたらこのサカナたちを手にしたいたんですね。しかも11時には全て揃っていたらしく、すぐにウェイインしたところ「もうちょっと頑張ってこいよ~~」と追い返されたそうです(笑)バス釣り歴は復活しての3~4年位だそうです。←大勢いる20年選手たちが歯ぎしりしていました。ギギギ。

20150419H-1sintone (203)

次戦の牛久沼は予約がとれずキャンセル待ちだそうですが、このウェイトなら秋のマスターズカップはほぼほぼの確定なのでは。楽しい一年になりそうですね~おめでとうございます。

20150419H-1sintone (214)

ヒットルアーも撮影されてもらいました。ソウルシャッドだそうです。ソウルシャッドは濁り水からクリアウォーターまでいろいろな所で活躍しますなぁ。

2015 H-1 GPX 第1戦 新利根川 ケイズカップ 試合結果
僕はマヂで釣った人のケツ。50位であります!!!~~上位者の使用ルアーはこちらから見ることができるのが楽しい。成績表のUPいつも楽しみにしています。

20150419H-1sintone (9)

次はホームレイクの牛久戦。(5月24日)今年は集中力だけはやたらと高いのでなんとかビッグフィッシュをGETしたい!

スタッフの皆さん、鈴木美津男さん楽しい大会運営いつもありがとうございます。次戦もどうぞよろしくおねがいします。

20150419H-1sintone (13)

帰りにお腹が空いたので味噌カツを食べて帰路につきました。



 

 

PR