namaro★blog~ナマローブログ~

【重要】2017年より新ブログへ移転しました!こちらのブログともどもご愛顧くださいませ。 日々是バス釣り。関東各地のフィールドをレンタルボートエレキスタイルで駆けまわっています。「H-1グランプリ」「牛久沼たまや大会」に出場中。牛久沼、相模湖、津久井湖、亀山湖、新利根川、利根川、豊英湖etc.・・・

★2017年春から新ブログへ移転・引越をしました!これまでもこれからもよろしくおねがいします★ 筋金入りのサラリーマンアングラーが綴るバス釣りとズンドコベロンチョな日常。

2015年06月


スポンサーリンク




2015年牛久沼たまやボートオープントーナメント6月大会~しだるま!釣行レポート

竜巻の可能性も!?

2015年6月21日(日曜)。筑波山の麓に広がる茨城県の平野部ではサンダーストーム、雷雨、竜巻の可能性があったのです。 休日の遊びです!本当に命かけてやることもありませんから、もし雷が発生した場合は即試合終了をということで牛久沼たまや6月大会のスタートとなりました。安全第一‼

hinannsaki

事前に避難場所について書かれた地図が配布されました。牛久沼はオーバーハングなどはほぼ皆無のため雷から逃げられる場所は少ないのです。カーボンロッドを突き立てて雷の中で釣りをするわけにはいきません!引き際もバスアングラーには必要なのですね。

20150621ushiku (2)
ある意味、絶好の釣り日より~。どんより曇天模様。

さて、定点観測地点。ハスがかなり繁茂しており浸入を阻みます。すでにバズベイトを引く隙間はありません。つい先日、ノリーズによってUPされた田辺さんのバズベイト爆釣の記憶も濃いのですが、たまやボート前は、ハスの嵐です。

namaro★blog : ノリーズボルケーノグリッパーでハメる茨城県牛久沼
田辺プロによるバズベイト動画に衝撃を受けてのたまや大会



20150621ushiku (3)

この日も、沼を愛する!?釣りバカたちが大集合~。
42人の参加となりました。

<2015年6月21日(日)たまやTSフィールドコンディション>
気温 18℃~25℃
水温 23℃~24℃
くもり~時々小雨~のち雨
平水

この日は、この時期としては珍しく日本列島に寒気が流れ込むとのことで大気が不安定。試合中はなんとか雨はもったものの、急激な寒さの訪れとともに試合後は大雨となりました。

20150621ushiku (9)

とはいえ、水温の乱高下はなく24℃くらいで一定でありました。牛久沼では魚群探知機はつけない人もいますが、情報機器として搭載はしています。

20150621ushiku (16)

この日は、たまやボートを出て右、東谷田川へ。近年は、自分の中で西谷田川が主戦場となっているのですが、基本的にバスの個体数が少ない牛久沼です。出会いは増やしたいがためのこの日の選択。くもり~雨ということもあり、全体的にアシ、ハスの多い東谷田川に生息するバスたちが植物帯から少しは出てきてくれるのでは!?という予測もありました。

20150621ushiku (17)

こちらは東谷田川・茎先橋の上のハスの状況。とにかく、近年の牛久は「アシ」だけでなく「ハス」が大量に繁茂しています。この状況がバスアングラーの浸入を阻み、ビッグバスの巣となっているのでは!?という噂もあります。

20150621ushiku (18)

なかなかごっついハッパをしているのでひっかかったらダメです。ていうか、ひっかかる道具で釣りをしてはいけません。針と糸をフィールドに残すべからず。「ラインブレイクしない」のも腕の内ですね。

さて・・・釣果は!?


スタートすぐの6時30分ごろでした~

20150621ushiku (13)

キタッ!!
(手ぶれ写真をその時の興奮を伝えるために使うというブログ的演出。どうでしょう?w)

20150621ushiku (10)

どーん

左目がちょっと不自由なバスさんでした。釣りキチ三平に、左目が不自由な「左膳岩魚」というのがいましたが、こいつぁまさに「左膳バス」「左膳黒鱒」だなや。しかも三平君が釣っても興奮するで間違いなしのまたもやのヌシクラスと言っても良いナイスサイズ。ナイスですねぇ~。


20150621ushiku (14)

場所は、たまやボートの対岸。ワンドの奥です。こんな感じのところ。ごちゃごちゃしている感じです。ガマやアシといった植物帯の奥行・・・これが牛久沼の魅力です。関東を見回してもこんな独特なシチュエーションの釣り場はないのでは?他にこういった場所と言ったら八郎潟くらいではないでしょうか!?

20150621ushiku (15)

ルアーはコイツ。

ウルトラバイブスピードクロー!5gのビフテキ!

ビフテキは最近流行りでありますが、選んだワームは非常にベーシックなルアーでした。いわゆるフォールベイトってやつです。他にも類似ルアーとしてはOSP「ドライブクロー」やバークレイの「霞クロー」を使用したりしていますが、今回はこれスピードクロー。腕部分のピロピロ感は未だ健在。アメリカンルアーなので製品的なバラつきはハンパないのですがこうやって結果が出てしまうと文句も言えませんね~。

<タックルデータ>
フェンウィックテクナGP TAV-GP611CMPL+J
シマノメタニウムXG
サンラインBMS14lb
ビフテキ5g

↑竿はティップを破損して修理しているのでパワーは結果的に強くなっているテクナです。このバス・ごじゅーあっぷだったのですが、のされることもなく獲り込めましたよ。ノリーズもそうですが、テクナのこのトルクともっちりとした使用感はお気に入りです。

20150621ushiku (22)

で~~
その後は何もなしで終了!

これぞ牛久な展開で表彰式です。


42名中18人のウェイイン。 
ウェイイン率は42%とまぁまぁでありました。

160621tamayats (2)

で、筆者自身はコレ一匹の結果でした。

160621tamayats (1)

 ドアップもいっときます。顔バレNG、親バレNGを内規としてスタートしたこのブログですが、デカイのが釣れると決まり事など関係なくなるです。そして、「バス持ち」によってブログを読んでくれる人たちの反応も変わってくる?ような気もするので、ウェイイン時のパフォーマンス、写真は非常に重要です。まだまだギクシャクしちゃいます。

160621tamayats (5)
 
長さもありまして~~

50cm!(ビッグフィッシュ賞)
2020g


という結果で・・・3位に!食い込むことができました。

160621tamayats (12)

口もでけーし。

前回がH-1GPXから
2連続で2キロアップゲット。
ちょっと運もついてきています。


そして
2位

2015usihiku06tanguchi
(たまやオフィシャルカメラより)

2240g3本

またもやの上位入賞!会長こと谷口選手が2位に。恐るべきことにぬわんと5匹も釣ったとのこと。前回5月大会では優勝。毎回揃えてきていますから、今年の谷口会長はサカナが見えています・・・。カットテールのネコリグを操りリミットメイク。PEライン33ポンドのベイトフィネス仕様を駆使。ワームの色は茶色系だそう。何も牛久沼はゴッツイタックルだけが活躍するわけじゃないんですよね。


なお、年間AOY争いでは、

僕=1位!谷口会長=2位!

というせめぎ合いが続いています。

そして優勝は・・・

2015haginoyausihiku
(たまやオフィシャルカメラより)

2890g2本

萩野谷選手が6年越しの初優勝を飾りました!(SE拍手ワー)

ポイント選択がなんと根古屋川。本湖6号線沿いにある、幅5メートルほどの、謎につつまれた川で夏場に結果が出ることが多い、自分的にはミステリアスなポイントです。こちらはもちろん何度も行ったことがあるのですがバスをゲットしたことがないのです。そこで、ソルティストレートのネコリグでこのサカナ2本を獲ったそう。釣り方のコツは、長めのステイ・・・。この「動かさない」というテクニックが性格が出る釣りで、自信がなくそうそう出来ないのです。スゴイ。STAY。

牛久沼を拠点に、同じくH-1GPX戦士としても各地をともにまわっている萩野谷選手。次週は津久井湖で会うのですが、自宅が茨城県東北部なので津久井湖はかなりのロングドライブになるらしく大変なのだとか・・・。果たして、リザーバーでもサカナは持ち帰ってくるのでしょうか!?こちらもご注目いただきたい。

160621tamayats (6)

雨が凄かったので表彰式はボート屋さんの屋根のある部分にみんなが集合。身を寄せ合い、抱き合い?パターンについて聞き耳をたてます。

160621tamayats (9)

3位だと、表彰式にこのトロフィーが触れます。

160621tamayats (8)

たまオヤによる表彰状の授与式もありますよ。一瞬、国技館のような雰囲気が漂います。(言い過ぎ)萩野谷さん~やったね。

20150621ushiku (36)

10位までの結果です。

なお、この日はラッキークラフトさんが冠となって大会が行われました。なぜ世界のラッキークラフトが!?そうなんです~なんと!5月のH-1GPX牛久沼で優勝したタカハシさんが、オファーを受けてラッキークラフトのフィールドテスターになったため実現したのです。

20150621ushiku (31)

3位の賞品として素敵なルアーをいただけました!

20150621ushiku (29)

H-1GPXではリザーバー戦が続くのでこれは活躍しそう~

20150621ushiku (33)

ディティールもいいですね~

ブルーギル。牛久沼にも生息していてときおり小気味よいバイトをいただき、僕たちのちっぽけな心を小躍りさせてくれます。しかしながら、牛久沼のメインベイトはなんといっても~~

20150621ushiku (19)
(釣ったビッグバス君がライブウェルで吐き出したやつです。よく食べています。)

ザリガニ!

ですね。
今日釣れたバスも、スピードクローをフォーリングするなりすぐにギラリッと魚体をみせてバイトしてきました。これは、明らかに落ちてくるザリガニを喰っているなぁ~~というアタリでした。マッチザベイト。なんやかんやで、暖かい時期の牛久はザリガニですかね。いや・・・それ以外も・・・。その辺の話は奥深いのでまた是非。

20150621ushiku (25)
20150621ushiku (26)

じゃんけん大会でもらえる賞品も充実。釣れなくてもお土産はあります。

たまや大会はオープン大会です。こうやってブログで書いちゃうと「閉鎖的なのかな!?」なんて思われる人もいるかもしれませんが、なんのなんの、年会費とかもありませんから予約しちゃえばすぐに出場が可能。気軽に出てみたらドップリ~なんていう人たちばかりなので牛久沼が好きなあアナタは出るしかないんじゃないですかぁ~!?


さてさて、次回はもう7月。鬼門の猛暑の夏場をどう乗り切るか・・・とりあえず牛久沼の大会でデコりがなくココまで来ているので、来月も楽しくブログをカキカキできることを期待してレポ終了します。






PR



【2015年牛久沼たまやボート6月大会・速報版】6月のブタバスを捕獲す

「西日本~北日本 雷雨や突風注意」

という気になる気象情報が発表されていた2015年6月21日(日曜)。関東平野はスポ―ニングから回復したであろうバスたちがウロウロしだすバス釣りシーズン真っ盛りの6月。河童の里、牛久沼でも、たまやボートを基地に日曜定例大会が開催されました。

筑波山のふもとの平野部では、近年、竜巻が発生したりと気難しい天気が続く関東ですが、なんとか!この日も昼過ぎまでは小雨程度の雨で釣りを楽しむことができました。


さてさて、このブログの筆者自身の結果は・・・!?


160621tamayats (2)

2020グラム

1匹ゲットで3位でした。

20150621ushiku (36)

50cm!
(ごじゅーあっぷ)


でビッグフィッシュ賞~。つまりは、H-1GP牛久沼戦に引き続いてのビッグフィッシュ賞ゲットが出来ました。
アフター回復。エサもたっぷりと食べている牛久名物のブタバスさんでした。6月のブタバスです。

namaro★blog : 【H-1GPX2015】第2戦牛久沼…名物のトレーラーウェイインへ~しだるま釣行レポート!【後篇】
H-1GPX牛久沼戦ビッグフィッシュ賞の記憶・・・こちらは2350グラムでした。

5月、6月と『あの』牛久沼で連続で2キロアップを釣りました。これは関東じゃなかなか出来ない事なのでは!?と我ながら思うのですが・・・

即アップが難しいのですが、詳細は追ってお送りします。


ノリーズボルケーノグリッパーでハメる茨城県牛久沼

茨城県牛久沼にはなんとも素敵かつ奇怪なお祭りがあります・・・

「クリS祭り」

です。


牛久沼クリS祭り (魁!!田辺塾)
2008年位から始まったお祭りのようです

クリ・・・って何かよからぬ想像をしたアナタはまだまだバス釣り初心者です。「クリS祭り」=「クリスタルS祭り」の略ですね。日本屈指のルアーブランド、ノリーズの使い手なら毎年楽しみにしているスピナーベイトのお祭りです。発祥の地は、河童の里・牛久沼。田辺師匠が早春にクリスタルSでデカバスをドバンドバンと釣るとんでもない映像を披露してから春には多くのノリーズユーザーたちが夢を求めてクリスタルSを沼に投げにくるのです。

そして現在、梅雨真っただ中の6月。クリSも良いですが、この時期はなんといってもバズベイトが映える季節となります。今年は、ノリーズのボルケーノシリーズの旗艦、「ボルケーノⅡ」が店頭にも並びますます期待が高まるわけですが・・・そんな中、ノリーズ代表の田辺師匠が、牛久沼たまや大会の前に、僕たちを惑わすカッケー動画をUPしてくれました。



「牛久のくせにしっかり釣れちゃって!」

by田辺さん
「牛久のくせに」~~「のび太のくせに」の名言が動画中に。そう、そんなに…いやかなり甘くない牛久でタイミングとバズベイトの使い分けができれば牛久でもバズベイトでハメることも可能ということです。僕も大会中にハメたことがあるパターンのひとつがバスベイトパターン。ハメると中毒性があるので、状況が違っていても投げ続けてしまうのがウィークポイントです!?

grippertshirts

↑5月のノリーズカップ牛久沼大会にて、サカナを持ちこんだらいただけたロングTシャツにもガッツリとグリッパーのあしらいが~。

アフターを超え回復したであろうバスたちには、タイミングが合えばハマる可能性を秘めているバズベイト。こりゃ、日曜日も投げるしかないな~~~


恐るべし!ボルケーノグリッパー&グリッパーⅡ!
グリッパーのズドドドドッと水を押す独特のパワー、サウンドはたまりません。スタンダードなボルケーノⅡとの使い分けは動画を見る価値あり。









【鋼派2015IN新利根川松屋】やっぱり釣りはおもツライ…

70年代…鈴鹿8耐・バイクレース界の世界でマーカー主導のワークスチームに果敢に挑み、町工場からのし上がったインディーズチームが巨大なるライバルに勝利したのが「世界のヨシムラ」。それを率いたののが″おやじさん”こと「POP吉村」なのはあまりにも有名ですね。(「プロジェクトX」の名作アーカイブスでどうぞ!)

バスフィッシングの世界にも、ご存じダイワ、シマノといったガリバーから数多のルアーメーカー、ロッドメーカーたちがしのぎを削り合っています。そして、個人個人で(もしくはそれに準じだ単位で)、ルアーを作成しているハンドメイド系のルアーブランドもたくさんあります。そんな、ルアーブランドのひとつ、アメリカツアープロの間でもシークレットベイトとされているという「江戸物」(えどもん)サンが主催するハードベイトオンリーの硬派な大会・・・それが

「鋼派」

です。

kouha2015 (6)

エドモンのブログ
今では初夏の風物詩。いつも楽しい大会のプロデュースをありがとうございます。


2015年6月14日(日曜)新利根川松屋ボート店を拠点も今年は121名(71艇)を集めて大々的に開催されました。ルールは2匹の「長さ」勝負。ハードベイトオンリーの男気満点の大会です。近年は、ボート予約も満艇となり大盛況。


kouha2015 (7)

朝のミーティング。有名ルアービルダーやバスプロも多数参加。今年は、バスフィッシング界の大レジェンド・吉田幸二さんも参加されました。

kouha2015 (10)
・・・紫陽花も咲いていて釣れ釣れムードはスゴイのですが・・・まぁ・・・ネ。

鋼派は元祖ハードベイト縛りと言える大会。僕は今回で5回目の出場。かつて3位にも入賞したことがあり思い出深い大会です。なお、H-1グランプリとも関係性も深く、優勝した人にはこの年のH-1グランプリのクラッシク的位置づけの「マスターズカップ」に出場ができるのです。←通常は、通年を戦い上位30位に入らないと出場権が出られない。これはデカイ特典。

kouha2015 (1)

この日は、いつものローボート仕様ではなく13フィート仕様のボートで大学時代のセンパイと2人乗りで出場。ファンフィッシング的要素も強いものがありますが、なんせ大会ですしオトコノ子なもので勝ちたい気持ちは抑えきれません。やる気満々でスタートです。

【フィールドコンディション】
気温:20℃~25℃
水温:22℃~24℃
水質:濁り気味
天気:くもり時々小雨

全員が全員感じるのは『絶好の巻物日和』であること!集中力は俄然MAXでスタートしました。

kouha2015 (11)
Basser誌の釣りウマ記者も参戦中!

近年はハイパワーエレキの使用も増えています。引き波もそれなりに出ますので狭い川部分などではデッドスローを心掛けたいものです。

kouha2015 (23)

曇天。

kouha2015 (21)

ローライト。

kouha2015 (17)

この日はスノヤワラを中心に攻めました。

kouha2015 (12)
小雨気味だったのでカッパを着ての釣り。

先日ブログでもUPした、ダケットフィッシングのロッドも早速活用。クランクベイトロッドですがバズベイトをつけて投げまくりました。

namaro★blog : 【アメリカンバスロッド】「ダケットフィッシング」の白いロッドを使ってみた
ダケットフィッシングの竿

真っ白いブランクスが目立つダケットフィッシングのロッド。すれ違った関西のバズベイトビルダーバクシンさんにも「それダケットですよね?」と言われました。なかなか個性的な竿なのです。

kouha2015 (20)

久しぶりにマウントデッキは使わず。ちょっとガコンガコンいってましたw

kouha2015 (27)
今年注目のダイワのリール・アルファスSVの使用にも慣れてきました。


えっ!?結果・・・


ノーバイトノーフィッシュ!!!


での終了でした。完全試合をくらう~!これは悔しい~。残念。無念。くぅ~~

kouha2015 (31)

鋼派で面白いのが「長さ勝負」であるところ。最近は重量勝負にキモチが行ってしまって~長さ~にキモチが行かないところもあるのですがやっぱり、サカナのデカさは長さですよね。40アップ・・・50アップ・・・ロクマル!?長さがやっぱり心に響くのです。

自分たちにはサカナは全くじゃれついてくれなかったのですが、たくさんのウェイインがこの日もありました。ウェインは71艇中36艇・・・およそ50パーセントのウェイイン率となりました。くぅぅう~くやしいぜ。

kouha2015 (30)

ぐわっ!と50センチのビッグバスも登場!!!松屋ボートの若に聞いたところ新利根の50アップはかなり貴重とのこと。ましてや大会ですからね。

kouha2015 (36)

優勝のおふたり!(50cmジャスト&36.5cm=86.5cm!←ダントツ。)

実はH-1戦士の2人が優勝~~。昨年のH-1GPX2014のAOY・フクナガ選手とルアービルダー・MPBサクライ選手。

kouha2015 (38)

50センチジャスト。素晴らしい。いいなぁ。
(※なお、鋼派のレコード最大魚は痴虫・松本氏の50.5センチ!そのレコードは守られたということ。)

kouha2015 (37)

アフター回復のこの時期で1980グラム。ヘルシーな体重です。

パターンとしては・・・岸ギリギリではなくて、『ちょい沖』のクイなどがあるところで食ってきたとのこと。ここに、凸った僕たちとの差がありまして、我々は・・・

kouha2015 (28)

こういったアシなどのキワキワを狙ってしまっていました。ちょい沖、ブレイクといった部分のケアができませんでした。しかも、ルアーの選択が「トップウォーターでガボッと2匹~」なんて思っていましたが甘かったぁ~~

5位→シャッドゆっくりまき
4位→LCMTO1.5、クラッチ
3位→ブーヤスピナベ、ジェロニモ
2位→mibro、KTWのクランク
1位→MPBクランク、バンゴー(これだけトップ!?)

と上位陣のルアーはほとんどがアンダーウォーター。クランクが中心でした。これまでの鋼派の上位パターンはトップウォーターがからんできていましたがこの日はまたサカナの位置が違ったということですね。

優勝の2人は、釣り進んでいく上で、この『ちょい沖』がヒットゾーンであることを確認。船中4匹もゲットしたという。歴然としたハメ方の差が出た感じ・・・完敗であります。


突撃取材して、ヒットルアーも激写させてもらいました。ブログUPも快くOKしてもらいました。

kouha2015 (44)

50UPをゲットしたのがこちら。MPBルアーズ「バイソンMR(プロトタイプ)」だそう。

kouha2015 (43)

キレイに作りますね~接写に耐えうる完成度。

kouha2015 (41)

お尻から見てもカワイイ。そして釣れちゃいますかぁ~~。背中の歯型でニヤつきながら酒が呑めますな。

MPB LURES -Monster Panic Bite- | High Quality Handmade Wood Model
カッコイイHPも公開されたばかり。注目のルアーブランドですねっ!!!

MPBルアーさん。カッコイイHPも出来上がっていますね。冒頭でも書きましたが、頂上をとったのがインディーズのハンドメイドプラグというのがカッコイイっすねぇ~~。

kouha20150614 (1)

表彰式では、霞ヶ浦を守り育てる吉田幸二さんのお話がありました。

特定非営利活動法人 水辺基盤協会


kouha20150614 (2)

上位入賞者たちへのインタビュー。鋼派ではこれを「吼える」と言います。

kouha20150614 (4)

集合写真を撮って終了しました。今年も楽しい大会をありがとうございました!

kouha2015 (45)

祭りのあと・・・。その日の釣りに合わせる難しさ。状況を読む力の重要性をまたまた思い知らされた一日でした。

kouha20150614 (3)
kouha20150614 (5)

帰り道。取手の伊勢屋さんの「どら焼き」の甘さがノーフィッシュでズタズタになった心身に、じんわりと沁み渡りました。




プロフィール

namaro

筋金入りのサンデーバスアングラー。ホームは牛久沼でH-1グランプリ参戦中。

メッセージメールはこちらまで↓
namaroblog@gmail.com

記事検索
ギャラリー
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 【ブログについて】これまでとこれから…
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
  • 欧州発!サベージギア3Dラッドはネズミパターンの主役となるか!?
QRコードにアクセスしてスマホでも是非!
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文