長ぇよ!!

さまぁ~ずの三村さんバリに、前回の牛久沼たまや8月大会のレポートについて思った方も多いはず!非常にひとりよがりなブログアップとなってしまい客観性に欠いたものになってしまいました。ですので、上位入賞者の人たちのお声をレポートできませんでした。普段はウェイインの様子も写真を撮影しているのですが、プルプルッと震えが止まらず撮影を忘れていました。なので、たまやのオヤジさんから写真を拝借してのUPとなります。

時は、2015年8月16日(日)です。17日(月)は関東地方では久しぶりに30℃以下を下回るお天気でした。そんな「秋の声」が聴こえて来る8月の牛久沼の結果です。とかく、ぬるま湯のような沼となる時期なのですが、この日は雨後ということもあり水温も30℃には達しませんでした。フィールドコンディションは、過酷なものでもなく釣りビトもバスさんたちも過ごし易いものだったのかもしれません。

41人参加中18人がウェイイン。
ウェイイン率は43%でした。

ウェイイン率とてしては2014年とほぼ同率。しかし、キロアップ捕獲率は高まっており状況は良かったと言えるものでした。では上位入賞者のコメントを取材しましたのでその模様です。

IMG_0134五位萩野谷

5位:萩野谷選手
6月の優勝を飾った萩野谷選手が5位に。(萩野谷さんも6年がかりでの初優勝を飾ったひとり。H1戦士でもあります。)得意の根古屋川にて昼過ぎにゲットした2匹で1810g。夏場は、本湖よりはるかに低い水温を記録する知る人ぞ知る牛久のシークレットポイント根古屋川。この日は、3人ほどの選手が川を攻めたがサカナをゲットしたのは萩野谷選手のみでした。リグはネコリグと、スピナベ。あの狭い川の真ん中でスピナベを引いたらサカナの反応があったと言う・・・スゴイな。

IMG_0130ジンゴ四位

4位:佐藤JINGO選手
ご近所さんなので同乗して牛久に繰り出しているので、道中いろいろとお話をするのですがこの日の朝は・・・

「どうせ釣れねぇヨ!」

なぜかネガティブな発言を連発していたのですがw・・・なんのその3匹リミットメイクしてきよりました。たまや対岸をずっと流し続けての結果、リグは3.5gのライトテキサス。ルアーはエンジンのフォールクローでした。竿はなんと、ノリーズカップという事で特別にレンタルをしていたLTT650MH!全て借りた竿で釣ってくると言う快挙でありました。もちろん、リールオイルはBOREDハイデッキは、ガレイジーを使用。しかしまぁ、なんだかなんだ言って釣ってきます。しかも理論や戦略もしっかりしているので勉強になります。ただ、同じクルマに乗っていても全てを語る!?とは言えないのが釣りビトのサガですよw

IMG_0122三位中川

3位:中川選手
ウェイインの連帯率が高く、上位入賞者常連の一角を担う中川選手。中川サンもネコリグを駆使して2本を持ち込み2460gでウェイイン。ルアーはノリーズのラッテリー!ノリーズカップだっただけにエライ!ハスの中でも釣れたそう。近年の牛久沼を占領するハス・・・今年はちょっと元気がないと言いつつ、たまやボートの周囲、塚本近辺、茎崎橋上流、西谷田細見橋上をかなりの面積でハスが覆っており「もしかしたらアノ下にはバスたちのパラダイスがあるのでは??」という疑惑があるのです。そして、ハス中でのバスゲット。これは今後の牛久沼攻略の大きなヒントなのかもしれません。

IMG_0123準高橋

2位:高橋TKHS選手
昨年の牛久沼を制した『牛久沼レジェンド』が準優勝。終了間際、たまやボート周辺のハスにて「ぎゃぁ!バラシタ!」と叫んでいました。そこでは叫んでいましたが、ワタシは見ました塚本ボートの横のハスで静かにデカバスをゲットしているシーンを・・・。パターンはハス周りをクルーズしているサカナをシャロー向きのスピナーベイトや、1/2オンスのスピナーベイトで獲ってきました。←おそらく田辺師匠がデザインしたやつじゃないかと・・・。バラシも多かったとのことで、もしかしたらまくられていたかと思うと夜も眠れません。

詳しくは前回もご紹介しましたが、TKHSさんのブログを見てほしい!ヒントが満載です。

牛久では釣り人
どんどんヒントを書いて公表してほしいですヨ

IMG_0127優勝生江 (1)

1位はいわずものがな著者。「北斗の拳」のTシャツはもしかしたら幸運のTシャツなのかもしれませんね。僕もなぜこのTシャツをユニクロで買ったのか憶えていません・・・

namaro★blog~ナマローブログ~ : 2015年牛久沼たまやボート8月大会(前篇)~しだるま!優勝へのストラテジー
しつこいようですが僕の戦略はコチラで!

「北斗の拳」のオープニングを魅入ってしまった。



199X年、世界は核の炎に包まれた。
海は枯れ、地は裂けあらゆる生命体は絶滅したかに見えた。
しかし、人類は死に絶えてはいなかった。
核戦争は全ての文明を破壊し、世界は暴力が支配する恐怖と混乱の時代になっていた。

しかしまぁ、少年たちがゴールデンタイムに観ていたマンガ・アニメとは思えませんな・・・199X年ですが今はもう2015年です。そんな中、そこそこの良いオトナになっても相変わらず僕たちはサカナたちと戯れています。






PR