2014年のラストを飾る!牛久沼の「たまやファイナルクラシック」を前に、防寒対策を考えてみた・・・何しろ、2014年12月14日の予報は全国的な厳しい寒波の日。本来、おうちでヌクヌクのところ大会でもあるので少なくとも7時間はぶっつけで釣りなわけ である。
「ありのまま」でいると寒すぎるので、防寒用肌着をまたまた新調してしまいました。先日、ヒートテックを購入したばかりでしたが・・・「ヒートテックは、街中使用がオススメ!」と多方面からのアドバイスがあり、防寒用肌着を何点か検討。←寒空の中、吹きさらしになる「釣り」は特殊な状況ですから・・・
①ブレスサーモ(ミズノ)
②ジオライン(モンベル)
といったのが、知人たちからのレコメンドがあったのですがココはひとつ、周囲が手を出していないものをということで購入したのがこちら。
ブレスマジック1
「BREATH MAGIC」(ブレスマジック)
ダイワブランドの防寒用肌着であります。
ブレスマジック7
ダイワ・・・グローブライド株式会社~ですね。ブランドとしてのダイワなんですよね~~~
未だに、言いずらいっす。グローバル戦略ですね。
ブレスマジック4
「厚手」タイプもあったのですが、気温が氷点下の予想・・・ということでビビりまくっての「極厚手」をセレクト。「極」であります。この言葉にヤラれますな。
ブレスマジック5
こういった品質。「化繊」ってやつです。綿素材を好む人はコチラはなしなのかな!?
ブレスマジック6
釣具のキャスティング店頭価格。なかなかいい値付けしますね。季節がら12月に入って1割引きで売ってはいましたが、なかなかのお値段。うーん、ヒートテック4枚買えちゃう。
ブレスマジック9
ブレスマジック8
このパッケージの裏を見る限り・・・スペックは・・・
「完璧」
です、ネ。課題は「ドライ効果」。冬の釣りの場合、釣りしている最中は、あまり汗をかく感じはしないのですが、クソ重い、バッテリーを運んだりするボートセッティングの時に汗をかくのでココがかなり重要。(エレキのみのボート釣りを楽しむ場合ね)この、汗かきあとがどうなるかが、選びドコロなんですよね。
ブレスマジック11
アピールポイントからすると、ミズノの「ブレスサーモ」とほぼ同じ。もしかして、「ブレスサーモ」と素材は一緒なのだろうか・・・OEM生産!?
ブレスマジック13
アタクシ、181センチあるので「LL」サイズを選択。袖の長さもたっぷりあって着丈は満足。腕への風の侵入は気にならない袖の長さである。
ブレスマジック14
裏地は起毛素材。厚みもスウェットのよう。こりゃあったかいわな。
141214朝の気温
で、当日の朝の気温「マイナス2度」!!!
PC130647
ボートっぺりもバッキバッキに凍っています。

・・・一日着た結論として
「♪少しも寒くないわ~~♪♪」
でしたね。カイロ等も使いましたが、「ブルブル」とすることは一度もなく快適に一日やり切れました。実地でのインプレは「◎」です。厚手感はありますが、重ね着をさほどしないでよかったので、動きのあるルアーフィッシングでも十分満足できる使用感でありました。
ブレスマジック。ありですかな。 

PR