サラリーマンアングラーが選択するスピニングリール対抗戦

「あいみつをとる」

ビジネスや車購入の時の基本ですね。どんぐりの背比べでどちらが良いのかを選ぶときに人は「あいみつ」をとります。=『相互に見積もりととる』の意。実は大人になってから最近知った言葉です。

201701021 (536)

フィッシングショーの目的だった「スピニングリール」選択についてのお話です。

ご存知でしょうか?エラそうにツラツラとバス釣りブログを書いていますがスピニングリールについては知識が希薄なことを。そんなコンプレックスを抱く中、スピニングリールの新調を考えている2017年晩冬です。

PR



国産がいい。となると選択肢は2つ。


201701021 (310)

田中のマー君の番組出演が楽しみな「ザ・フィッシング」が楽しみな『ダイワ』

201701021 (22)

セミナーが楽しかった王様!がいる『シマノ』

となります・・・そして給与生活者の宿命か。どこぞのシャチョーさんでもないのでハイエンド機である「シマノ・ステラ(8万オーバー)」「ダイワ・スティーズ(5万オーバー)」は選択肢から消えていきました。

そういうわけで、3万前後での選択肢(実売アンダー3万)がそれなりに釣り歴のあるバスアングラーにとっての選択肢となると思うのです。バス釣りは、数本のロッドをボートに積み込むことにもなりますから一点豪華主義というわけにもいかないのです。

そんな、二大巨頭メーカーのほしくなったスピニングリール2つについて、どちらを導入するか迷いたいと思います。


ダイワ:セオリーベースのイージス

201701021 (339)

ダイワのスピニングリール2017戦線で話題だった「セオリー」

スピニングリールに疎い自分としては充分な高級感と巻き心地。そして何よりも軽いッ!2500番台で185gとのことなのですがこの軽さは、2500番台でトラウト用なのか!?と思ってしまうほどの軽やかさでした。

お値段もメーカー希望3万ちょいとサラリーマンが頑張れる価格設定です。まさにセオリー…理論…理詰めで交わされそうになってしまうダイワのミドルクラスイチオシのリールでした。

そして、このセオリーをベースにしたバス釣り特化型スピニングリールが・・・

201701021 (337)

赤い彗星こと!?「イージス」

かねてよりファンが多い「イージス」の2017バージョンです。ダイワの独特なレッドカラーはバス用リールとしてのブランドを確実にしつつありますね。

201701021 (336)

デザインはセオリーベースのためセオリーとほぼ変わらず。フロロラインといった細糸に対応した、逆テーパーがスプールについているのが特徴。今シーズンは、細目フロロや細目PEなんかにもチャレンジしてみたいから魅かれたリールのひとつです。

価格設定は、同型2500番台より2000円ほど上乗せされた3万3000円あたりですが、実売は3万を切りそうです。


シマノ:巻き出し最高!ストラディックCI4+

201701021 (473)

カタログをもらったのですがシマノってカタログを開いて一番最初にくるカテゴリーって『スピニングリール』なんですね。それだけメイン商材として推して力を入れているのがわかります。

種類も多くて商品知識が少ない僕には選べませんでした。憧れの「ステラ」「ヴァンキッシュ」といったモデルから昔はもう少し手が届くような価格帯だったと思う「ツインパワー」などがハイエンドモデルとして顔を並べています。これはちょっと、手が出ない・・・ということで・・・

シマノブースにて「中級者以上だと思います。3万円前後で買えるおススメのバス用スピニングリールは?」とスタッフの人に聞いたところおススメされたのが~

201701021 (288)

「ストラディックCI4+」

こちらもダイワのセオリーと同じく軽いッ!2500番台で180g~185g。秘密はその名の通り、新カーボン素材である「CI4+」を使っているからだそうです。堅牢製と軽さを両立した自信の素材だそう。

201701021 (287)

そして、一番のウリが「巻き出し」の軽さ。個人的な巻き心地の感想としては、イージスよりもストラディックの方が巻き心地は滑らかな『気が』しました。ギアの細かさに対する技術力も評判だし、ここはダイワよりアドバンテージあるのか!?

201701021 (290)

滑らかな巻き心地を実現したシマノのハガネコンセプトをまとっています。


どっちのリールでショー

「ダイワ:イージス」「シマノ:ストラディックCI4+」

さてどちらなのか・・・価格、巻き心地、防水性能、ドラグ性能・・・どちらもドングリの背比べになっています。違いを言うなら…

「ダイワ:イージス」
⇒バス専用、細糸対応スプール、赤い


「シマノ:ストラディックCI4+」
⇒巻き出し滑らか、ハガネ、赤い


デザイン的にはドッチも『赤/レッド』がトレードマーク。さて、あとは感性の問題でもあるから釣具屋で並べて巻き比べてみるしかありませんかね。

・・・実際はシマノのスピニングリールは持っていないし使っていません。しかし、その掘削技術というかモノとしての造り心地はシマノが好きだったりするので今シーズンはシマノに手をだしてしまうかも?どちらになるにしろ、シーズンインして使うことがあったら水面での使い心地をUPします。