牛久沼がホームの当ブログ筆者ですが、奇遇にも2016年の釣り初めと釣り納めは千葉県は房総の亀山湖となりました。釣り初めは、のむらボートさんにて行われたキャスティング杯。昨シーズンも稀にみる暖冬でマグレ的に入賞もできたりしました。

2016年の初バスは亀山湖でGET!【キャスティング千葉カップ/のむらボート】 : namaro★blog~ナマローブログ~
初バスゲットは亀山だったのです・・・

北日本から北海道は大荒れ。関東地方も寒いクリスマスとなりそうですが、三連休の始まりは爆風が吹きすさぶ12月とは思えない温かい一日でした。最高気温差が15℃もありますから、体調管理には気を付けたいですね。寝正月だけはゴメンです。

20161223kameyama (26)

12月23日…名うての手練れたちが集まる亀山湖での会に、末席ながら参加。ウェイイン率は流石に5割を切りましたがそこは「人気もあるけど魚影も濃い」亀山です。12月と言う月もなんのその。しっかりと、釣ってくる人は釣ってくるのです。サカナのコンディションもよかったです。

天候もあるのでしょうが、ぬわんとこの季節に虫ルアーで釣ってくる人もいたりして、自分の釣りの幅の狭さと地の利のなさを痛感。なにせ自分はシャローな人間ですから、基本はテキサスリグ系のピッチングがメインとなりました。この日は、ゴチャついたところに投げ込むためにあえてフリッピングスティックも導入してみたりしました。が、ノーバイトでフィニッシュ。

20161223kameyama (49)

オーバーハングが枯れたり、竹が覆いかぶさったりとシャローにゴージャスカバーが点在するのが亀山湖。そこを直撃するタックルセレクトとして候補にあがるのが「ベイトフィネスタックル」「フリッピングタックル」・・・そして・・・「パワーフィネスタックル」があることを忘れちゃいけません。

20161223kameyama (17)

パワーフィネス。その概念が生まれたのは、早や10年以上も前になりますでしょうか。MH以上のハイパワーと思えるブランクスでスピニングロッドを組み上げ、太目のPEラインでカバーを攻略する。自分もなんちゃってで、チャレンジしたこともあって、その証拠に手元にコンバットスティックテムジンの「ブラッシュスティンガー」なるパワースピニングロッドあったりします。←結局、使い込んではいません~~

そのパワースピン・・・パワフィネスメソッドは、一部のコアアングラーたちによって時を経て醸成。今の亀山湖ではカバーを攻める上で欠かせないテクニックとなっているようです。今シーズン、ノリーズからもジャングルスピンなるパワーフィネスロッドもリリースされて人気ロッドとなっているとか。今回、久しぶりに亀山に行ったのですがぶっとい緑色したブランクスのスピニングロッドを持った人がたくさんいました。いや、本当にたくさんいました。この日はのむらボートさんから出船したのですが、他のボート屋さんから出ている人でも本当にたくさん。



ノリーズの動画でその使い方が見れちゃいます。カバーフィッシングだけじゃなく、クランクベイトのドラッキング用としてもいいみたいですね。

〇スピニングだから小さいジグ、ワームが投げられる
〇枝にぶつかってもスピニングなのでバックラッシュしない
〇カバーへの繊細な誘いが可能
〇フィネスだけど強引なやり取りが可能なヘビー仕様


そうそう、先ほどとりあげた釣り初めのキャスティング杯でもウィニングパターンは、パワーフィネスでした。

20161223kameyama (10)
釣りウマな方々、結構、距離をとっていたのが印象的でしたネ。

そんな僕は「ジャングルスピン」は持っていないけど「ジャングルスティック」は持っています。この日は3/4オンスのシンカーをつけてフリップしました。これもありなのですが、フィネスなリグをごちゃついたとこりに入れちゃうシステムというのが魅力的なのも確かです。何しろ、結果がついてきます。ハイシーズンだと重いシンカーでもサカナがついてこれるのですが、サカナの動きが鈍いウィンターシーズンはパワーフィネスに分があるのかな・・・そりゃそうか。

20161223kameyama (11)

ズバンと亀山で釣って、充実の釣り納めといきたかったのですが消化不良の凸りで終了。お恥ずかしい話、12月は将監川、牛久沼、そして亀山湖と今までの釣り人生で一番、12月に釣りをしにいったのですが良い結果が得られませんでした。釣れない状況ではなく、釣ってくる人は狙ってしっかりと釣ってきましたので、勝利の分かれ目はまさに『腕』そのもの。来季に向けて、タックルの整理はもちろん、『釣り頭』の整理も年末年始はじっくりと行っていきたい思います。

風が強いとアクアラインが通行止めになるので、強風だけはご勘弁な一日でした。(都内在住組にとってはアクアラインが通行可能かどうかは死活問題!)往路は、久しぶりに京葉道をグルリと回って亀山入りしました。と、なんだか個人的には納まらない2016年でしたが来シーズンこそは!と思いを巡らせアクアラインで帰りました。


亀山湖 のむらボートハウス
参加させていただいた会の結果はこちらから。悲しいことに僕の名前はありません(´;ω;`)


PR