博多ラーメンの固さ・・・あなたはどれでしょうか?

「粉落とし」「ハリガネ」「バリカタ」「カタ」「普通」「やわ」「バリやわ」

その固さを知ってから「ハリガネ」を頼んでしまいますね。そのスナック感がたまりません。そして、釣りでなくてはならないタックルが「糸」。縦の糸はあなた、横の糸は私・・・中島みゆきさんが唄うように人生においても、バス釣りにおいても糸がなければ何にもなりません。その糸(ライン)で一番、カタイと言われるクレハシーガーのラインを初めて使ってみました。

20160821tamayaushikunuma (37)

バス釣り用ラインとして方々から評価の高いクレハシーガーR18フロルリミテッドシリーズ。

〇伸びが少ないので感度バツグン。

〇シリーズ最高クラスの強度

と、いいところだらけなのですが・・・何しろ「固め」「ハリのある」のラインであること。そうまさに「ハリガネ」なラインなのです。何しろ「使い手を選ぶぜ!」と箱の裏に書いてあります。

本商品は中・上級者向けに、強度と感度を重視した、ハリのある糸質に仕上げています。柔らかいラインに比べて、ライントラブルが生じやすくなりますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意ください。

そう「誰にでも使いやすいオールマイティなライン」・・・ではないのです!そして、お値段もそれなりにします。12lbでメーカー希望小売価格2200円也。各お店やネットショップで値引きがあるとはいえ巻き替えまくる人にはちょいと高いのです。長さは80m。用途としてはいわゆるワーミングを中心とした撃ちモノ用ですね。

20160312ushiku (107)

で、撃ちには最高ですね。

カタイからには「扱いづらい」「ビクビクしながら投げている」~~のかと言えばNO!でありました。ベイトフィネスリールに巻いて使っていますが、ノンストレス。もっと、ゴワゴワのクルクルのクセがつきまくりのラインかと思っていたらそんなことはなく、扱い易くてラインの固さ・ハリが気になることは今のところありませんね。(巻物には使っていないからかもしれません)

20160821tamayaushikunuma (32)

巻物など、よりオールマイティに使いたいならスタンダードタイプのフロロリミテッドでしょう。博多ラーメンだったら「バリカタ」でしょうか。フロロとしてのハリはもちろんありますが「ハード」を使ってみた身からするとコチラの方がサバキはしやすい。でも、すさまじく良いラインなのでもちろんワーミングにもバッチリ。いや、軽めのリグやノーシンカーならコッチですね。

おいおい、高級ハイエンドなラインであるフロロリミテッドばっかり使っていて「筋金入りのサンデーサラリーマンアングラー」じゃなかったのかよ!?とお思われるかもしれませんが・・・多くのリールに巻いてあるのはリーズナボーなモデルがメインなんですよ。

20160821tamayaushikunuma (33)

シーガーR18BASS。これが基準になっていますね。博多ラーメンでいったら「普通」。巻物にも使えるし、撃ちモノ・置モノの釣りにもバッチリ。普段はこれです。フロロリミテッドは「とっておき用」ですね。

20160821tamayaushikunuma (34)

そして、マキモノ用として最近はこれ。「シーガー・フロロマイスター」です。博多ラーメンでいったら「やわ」です。でもシーガーを冠しているだけあってモノは良い。フィッシングショーのクレハブースで社員さんが「実はこの値段だと採算に合ってないんですよ」とこっそり教えてくれたハイクオリティライン。まぁ、フロロリミテッドを知っていると柔らかいフロロになりますのでそこは使い方を考えていますけどね。柔らかい分だけ、激しいこすれにはちょっと弱いかな?と思うことはあります。なので、テトラポットの中を狙ったりする釣りにはちょっと不向きかも、です。

20160821tamayaushikunuma (35)

なお、リーダー用としてもシーガーを使っています。

シーガーで十分だ|フロロカーボンのパイオニア・釣り糸のシーガー|Seaguar
「シーガーで十分だ」と強気なキャッチコピーが好き


20160821tamayaushikunuma (88)

なお、最高峰のハリス・シーガーグランドマックスの8号になると50メートルで定価4,700円!というお値段になります。牛久沼たまやの社長がキハダマグロ釣りにハマっていてハリスを見せてくれました。キハダマグロ釣りは10回行って1匹釣れれば!?という釣りらしくラインブレイクは命取りらしいのでそりゃ一番良いラインを使いますよね。

20160508noriescup (11)

休日(ボート屋がお休みの日)は鹿島灘で巨大マグロを追い続けている、牛久沼たまや社長。真鯛釣りのハリスもグランドマックスだって。確か、伊藤巧プロもハリスはグランドマックスだったな。

20160821tamayaushikunuma (30)

・・・うーん、という事で結果的に、手元にはシーガーラインの山ができています。他のメーカーのラインもいろいろと使っているのですがこれに落ち着いているのが現状であります。そのシーガーは今年で45周年を迎えたそうです。HPではプレゼント企画もやっているゾ。

20160821tamayaushikunuma (8)

やっぱりコレが好き~♪




まぁ、世間的にはシーガーと言ってアレですが、なんといってもクレハと言えばクレラップですよ。「なるほどザ・ワールド」世代なのでラップと言えば旭化成が刷り込まれていた時もありましたが、なにせシーガー派!?ですからラップはクレラップです。クルクルクルクルクレラップですよ。クレハは、一流巨大メーカー。合成繊維メーカーの先駆けで、漁網の糸作りがその始まりだそうです。グループ売上高1400億円以上。シーガーはその一角。それだけに「自社原料を使って繊細なフロロラインの開発を行っているのはクレハだけ」という自信があるのです。一般ルアーメーカーが原料から開発して作るのはちょっとできないですよね。(アレンジャー、キュレーターとして優秀なルアーメーカーももちろんあるし、良いラインもありますが。)



サポートを受けている田辺プロによる解説動画もあります。そりゃ、田辺さんの方が説得力あるよね。気になる方はチェックすべし!

まぁ、ラインひとつとってもその釣りビトに歴史あり。オッカパリ少年時代から思い出せば・・・「チームソラロームに憧れ」「バリバススーパーソフトに驚き」「フロロラインの感度に感動し」「PEラインの強さに信頼を寄せ」・・・等々といろいろと使い込んできたものです。ここぞ!というときのために、勝負の時に使うライン、現在はシーガーシリーズになっているという現状報告でした。








PR