ここ数週間でわかったこと・・・

春の相模湖「も」難しい

関東地方は爆風の日曜日でした!シーズインした各地でバス釣り大会の開催が予定されていた4月17日(日)。低気圧が日本列島を横断したため、雲の流れも早く爆風の大荒れとなったため中止となったボート屋営業・大会も多かったようです。


  高滝湖でノリーズが冠となった大会が中止になったようですね。亀山など切り立った断崖に囲まれたリザーバーは強風に強い!(もちろん注意は必要です)

さて来週に迫る、H-1グランプリ初戦が行われる相模湖も、なんとかボートを出せ釣りはできたようです。そんな、当ブログ筆者も相模湖には週末を利用して、いっちょまえにプラクティス的な釣りをしに行ってきました。

20160416sagami (44)

秋山川から出発しました。悩ましい大きな岩が目印の秋山川。上流では、ヤマメやニジマスなどの渓流釣りができる相模湖への流入河川です。夏場になると巨大バスがたくさん視認できるワクワクな川筋ですが・・・春は・・・

20160409sagami (15)

プラっていかにもプロフェッショナル的ですが、普段はなかなか行かないフィールドだととにかく「場所の把握」が重要。今回は、行けるところまで相模湖上流へも行きました。

20160409sagami (20)

相模湖の最大流入河川である桂川を上流に行くと一気に開ける場所が「島田湖」。春場は、ヘラブナ釣りやコイ釣りの人たちも一杯で春の雰囲気が感じられました。岸沿いではお花見なんかもしていてのどかな田舎風景が広がっていって癒されました。ローカルールだと、こちらの写真の桂川橋にまでしか行くことはできないそうな。

20160416sagami (29)

本湖を下り、ダムサイト近辺にも足を延ばしました。写真右は、国道412号線にあって半トンネル状となっている嵐山洞門です。290mあるそう。

20160416sagami (31)

相模湖のダムサイト「相模ダム」も望みました。

20160416sagami (32)

なお、橋の手前でボートは立ち入り禁止です。ルールは守りましょう。H-1グランプリの会場からは、かな~~り遠いです。釣れるか釣れないかはアナタ次第ですよ。

20160416sagami (26)

切り立った崖が多い相模湖。時折、崩落も見られましたから、断崖に寄り添っての釣りは気を付けましょう!

さて釣果ですが、予想通りの難易度超A級の結果となっています。(嘘じゃないよ。)

日相カップ - 大会結果

日相園で行われている大会結果を、日々チェックしていますがこの時期のウェイインは相当難しく、ウェイイン率は約1割!!!といったところでしょうか。まぁ、ハードベイトオンリーのH-1グランプリは、この結果を参考にするか否かは、こちらも『アナタ次第』です。

20160416sagami (28)

ロードランナー仕様がカッコイイのは秋川屋さんの14フィートボート。プラクティスに訪れている釣友たくさんいました。湖上でのお弁当は美味しいですが釣れていないと寂しいものです。

raparashadrap20160403 (5)

バス釣り黎明期から活躍している相模湖の定番「シャッドラップラパラ」も投げまくっていましたが・・・その結果は来週の日曜日にお知らせします。

わかったことは「超難しい」という事です。簡単ではありません。いやはや・・・難攻不落ですよな、相模湖は。これでナイスサイズを大会本番で獲れたら、、、前向きに楽しみで仕方がないわけですよ。



PR