namaro★blog~ナマローブログ~

釣りとオイラのズンドコベロンチョな日常。

牛久沼を中心にレンタルボートで楽しめる関東のバスフィールドを駆けずり回っています。

沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!


スポンサーリンク




プロ野球史上最高のスライダー投手と言えば何と言っても元ヤクルトの伊藤智仁投手ですよね。僕も、学生時代に神宮球場で観戦した際、そのキレキレっぷりに外野スタンドからながらも、感動を覚えたものです。ノムさんをして「あのスライダーはナンバーワンですヨ」といわしめた球。



そんなキレキレのスライダー並みのアクションをするジグと言えば、ハイドアップからリリースされているHUスライドフォールジグ

keepcast2016 (56)

今シーズンからリリースされたニューモデルで、名古屋キープキャストに行った時には水槽でその動きに感動。スパイラルアクションではなく、スルリーーンとまさにスライドして落ちていく自然なアクションが人間をもトリコにしてしまったのです。店頭に並んでからは即ゲットしてしまった一品です。

20160925ushikunuma (2)

2016年9月の牛久沼大会から一週間後・・・。雨続き、ローライトコンディションが続いていて「引き続き釣れている!」という情報もあったので、沼に再訪。久しぶりの反省釣行。大会じゃないのでゆったりとした時間について、ゆっくりとスタート。(二度寝してしまったので)

土曜日には、2500gを筆頭に、3本の50アップがでていたから鼻息は荒い出だしでした。

20160925ushikunuma (5)

アレな人間なもので、9月のウィニングルアーとなったチャターベイトなんかも投げましたが、一週間以上続いていたローライトコンディションからこの日は一気に晴れ間が出る暑い日に!一般的な巻物ではなかなか反応がない日となってしまいました。バズベイトなど、威嚇バイトを誘発するルアーにはアタックするバスもいたよですが、僕にはなかった・・・バス釣りとは、いかにその時、その日に「合わせる」ことが大切な釣りですね。

ほいで、出番となったのが・・・

20160925ushikunuma (13)

HUスライドフォールジグでした。

ジグは2.7g。カラーはダークウォーターメロン。トレーラーは2.7インチでカラーはグリーンライトギル。

多少増水しているものの、減水傾向にある牛久沼。このルアーをいわゆる縦ストに投げ込んでいく釣りを展開しました。

20160925ushikunuma (21)

こんなとことか。減水しているので、平水位のときは「隠れオダ」と言われているオダが隠れていないのです。こうした単発系ストラクチャーに投げ込んでいたところ~

※インスタで写真加工するのが好き。
20160925ushikunuma

2キロ秤が振り切っちゃいましたネ。


近くで釣りをしていたお2人に写真撮影をお願いしました。「余裕で50アップですね~」と言われたから50アップとしておこうと思います。(メジャー忘れました。でもあるでしょこれは。)

そして、必殺のスライダーアクションは沼でも有効なことがわかった瞬間でもあります。どちらかと言うと、関東ではリザーバー向きのルアーだと思っていたんですけどね。正直言って、たまたまなのですが、キャップもDICTSですね。巡りあわせもあったのかも。

20160925ushikunuma (16)

そして、恐るべきは沼のモンスター(俗称:ブタバス)のパワー。まさに破壊神。

20160925ushikunuma (11)

引っ張り合いっこをしたら、ジグヘッド部分がとれてしまいました!

意外と冷静にいなしましたが、かなりのヒキでしたからね。最近は、根にもぐられないように強引にひっぺがすようにしているので急激な負荷がかかったようです。※スライドフォールジグはとても頑丈なんですよ。いかんせんバスがデカすぎたんですよ、、、

20160925ushikunuma (8)

今月のBasser誌の特集が「スモラバ」~~スライドフォールジグは、フォールをメインに据えたリグだからベーシックなスモラバの使い方とは違うけど、この小さなジグにもこれだけのビッグバスが食らいついてくるのですから・・・これはもう、武器にするしかないですねっっ!

20160312ushiku (123)
20160312ushiku (124)

今年のこの1本!レジットデザインワイルドサイドWSC610L+インプレッション【初めてのベイトフィネスロッド】 : namaro★blog~ナマローブログ~

タックルは、お正月に購入したレジットデザインのWSC610L+。昨年のたまやクラッシクで、カバーからサカナを引きはがせなかった悔しさから導入したベイトフィネスシステム。もの凄いヒキでしたが、のされることなくコントロールができたのは収穫でした。




PR



【ワーム補修】スパイクイットとセメダインスーパーXクリアを使い比べてみた。



ワームの補修、してますか?

wormrepair (3)

先日の牛久沼たまや大会でも活躍してくれたドライブクローラー5.5インチ。どれも、沼の藻屑となることなく手元には戻ってきてくれましたが、パックリとキズが出来て補修しなければ使えない状態となっていました。

ワームメーカーさんからすると「やめてーーっ!」と言われてしまいそうですが、しがないサラリーマンサンデーアングラーなので補修できれば直して再利用して使っているのが昨オフからの常となっています。

ちょっとしたキズに過ぎませんから、直せば使えるし、形が変わってしまって意図している性能が活かせないということがない限りしっかりと『釣れます』。これは使っている本人が言うからホント。

wormrepair (6)

先日も記事にしましたが、ワーム補修材として釣具屋さんで販売しているメジャー商材がコチラ。スパイクイットのフィックス・ア・ルアーですね。お使いの方も多いのでは。

「ワームを補修するだなんて!」「セコい!」・・・と思わる方も一度、補修の道を歩んでみるのはどうでしょうか。なかなか売っていないワームもありますし、何よりもエコですよね。

割れて裂けたエスケープツインをワーム補修材でリペア!【Fix A Lure(フィックスアルアー)】 : namaro★blog~ナマローブログ~
テキサスリグとかだと一発で「終了」する事もしばしばですね・・・

大人気のスパイクイットなのですが、ハケ付だし、なにしろ「ワーム専用」として作られているところがお気に入りです。ただし、デメリットとしてはフタをしっかりと閉めていても、補修材自体がゆっくりと固まっていってしまうんですよ。当初は、トロリとワームに濡れたものも、しばらくたつと固くなってしまって使い勝手が悪くなってしまいます。

そこで、「ワーム補修」ということでググってみますと、様々なブロガー、アングラーたちがこぞっておススメしているのが・・・

wormrepair (1)

「セメダイン・スーパーエックス・クリア」


でした。「多用途」と超えた「超多用途」ですからワームにも大丈夫。ばっちり使えました。

wormrepair (4)

ホントに困った時に・・・でもないのですが、ワームにキズがあるとリグることはできませんから「困ったとき」ですね。

wormrepair (5)

ワームに使うための難点はほぼクリア。何よりも釣り用ですから「水に強い」というのは一番のメリットですね。

wormrepair (2)

新聞の上で作業していますが、ベタベタして紙にくっつくところもありますから、人によってはビニルの上で作業することをおススメしている人もいますね。スパイクイット製品と違って、気になる匂いもまろやか。でも換気はしたいですね。

補修後の出来上がりは、ゴチゴチにかたーくなることもそんなに感じることもなく、ワームそのものの素材感の特性は失わずに済んでいますね。今のところ、ノリーズ製品・OSP製品では問題ないかなといったところです。今後、様々なワームに使用していくと思いますから追ってレポします!



どちらにも良いところ、イマイチなところがあるみたいなので見きわめていきたいと思います。



速硬性能があるスーパーX『2』もいいみたいです。スタンダードよりちょっとお高い。

 


こち亀40年!葛飾署の両さんもバス釣りにハマっていた時代がありました!



「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載が終了。

最終巻を買おうかな・・・と思い大手各書店を回ったのですがどこも(三省堂書店、新星堂、蔦屋書店などに行ったけど)~~
 
200巻は完売しました!


のポップが各書店に踊っていました。入荷日は未定ですという追記とともに。40年の歴史は全ての世代に響いているようで、最終話掲載の少年ジャンプも、200巻の単行本も2016年9月第3週時点ではどこも売り切れていました。まさに社会現象・・・続けることって大切ですね。

ryosan (1)

しょうがないので、特別号がセブンイレブンで売っていたので購入してしまいました。

なお、9月23日まで!とのことですが、amazonプライムにてkindle配信で一部の「こち亀」が無料配信されていました。気づいたので一気にダウンロードしちゃいました。※この記事のUPが締め切りの9月23日!間に合うかな!?




40年・・・そんな「こち亀」はその時代を象徴するカルチャーを取り扱ってきた「文化遺産的漫画」でもありましたよね。秋本先生の趣味的要素も反映していて「テレビゲーム」「パソコン」「ラジコン」「クルマ」「モデルガン」「プラモデル」「鉄道」「下町」等々、男の子たちが心揺さぶられるホビー・風俗を紹介してきてくれました。その時代に流行したモノ・コトを敏感に取り上げてきた「こち亀」ですが、「バス釣り」についても両さんが一時期ハマってくれていてくれました!

バス釣りがフィーチャーされたのは第105巻に掲載されている『超リアル釣りゲーム‼の巻』


こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第105巻) (ジャンプ・コミックス)

バスアングラーなら震えるしかないセリフを僕らの両さんが発してくれています。一部、ご紹介しますと・・・


「ドラグをゆるめて糸を出すんだ!このままじゃ切れるぞ」

「天候水質深度によって適切なルアーを使わないとバスは釣れん。それぞれのルアーに特徴があるからな」

「フッキングのタイミングが悪かった逃げられてしまったか」


・・・といったセリフが両さんの口から発せられているのです。

ryosan (3)

嬉しいじゃないですか。数百万部発行のメジャー少年誌でこういったマニアックな内容にGOサインを出す編集部にも感服するし、専門用語をしっかりと取材している秋本先生チームにも感服せざるを得ませんね。読者に寄り添いつつも「時代についてこいよ」というこのスタンスも素晴らしい。

ryosan (2)

ピンポイントで105巻だけ買ってしまった…最終巻は買えなかったのに。実家には「こち亀」は確か50巻位はあったはず。久々の購入に涙。中学生時代にジャンプは卒業しちゃったんですよねぇ。

<あらすじ>
釣れると振動する「バスマスターズ」なる携帯ゲーム機に興じていた両さん。釣り好きの大原部長もその面白さに夢中になってしまうゲームで派出所の中は大盛り上がりだ。そんな両さんだが、釣りゲームをアレンジした、女の子を釣り上げるゲームにもハマっていきやがて・・・


調べてみると漫画の中で取り上げられる「バスマスターズ」なるリアルゲーム機はまだ買うことができるみたいです!タカラトミーから出ているんですね。下町出身の両さんだから応援していたのかな。(記憶が曖昧だが、遊んだ覚えがあるんだよなぁ)


グランダー武蔵 第6巻―スーパーフィッシング (てんとう虫コミックス)

1997年当時。空前のバスブームでしたね。「グランダー武蔵」が連載されていてアニメ化さらたのも97年。僕も学生時分、そのバスブームにのかってしまったクチです。(初バスは小学校の時だったので、ポッと出のクチではないのですけどね)

今昔~~河口湖で行われた岸釣り大会はオマツリ必至の1メートルごとに人がならぶイモ洗い状態でのバス釣りが行われていました。糸井重里さんがチャプターに参戦、Basserにて連載も。ユニコーンを解散してソロ活動をしていた奥田民生さんがバス釣りにハマっていたのもこのころ。サンスイ渋谷店にて大人買いをしている奥田さんを目撃して羨望の眼差しを送っていたのは良い思い出です。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の「チキチキ!芸能人釣り選手権」という名物企画が4回目を迎えていたバス釣りブーム全盛期でしたネ。

そんなバス釣りにもほんのちょっぴりだけどハマってくれた両さんに(バーチャルだけど)・・・40年間「ありがとう」と言いたい2016年初秋なのでした。


亀有駅は9月末まで「こち亀」ジャックされているみたいですね。たくさんのブロガーさんやネットニュースが取り上げていました。行ってみようかな。

亀有駅の「こち亀最終巻ジャック」が本気すぎて目頭熱くなる : たのっちのぶろぐ
人が多いので早朝に行くのがいいみたいですね。




思ひ出が一杯詰まったバスロッドが折れたのでチャンスに修理に出してみた!



小生・・・
この夏、ロッドを折りました・・・


このブログを読んでくれているであろう、コアな釣りビトであるアナタならこの行き場のない気持ちわかってくれると思う。ロッド(竿)を折った経験がある人なら共感してほしい。お金はいらないからせめて同情してほしい。



その瞬間は、名子役だった安達祐実バリに涙がとまりませんでした。

tonekasumi20160731 (28)

本当に心も折れるロッドの破損・・・


夏に行った霞ヶ浦水系にておりました。当方、かつてはフェンウィックテクナも折っていますし、ロードランナーに至っては銘竿「680H」を2回も折ってしまっています。←←過失は自分にあります。どちらも自分の不注意。竿はいたって頑丈な立派なものです。

そして今回は~~

rodchance (4)

「ノースフォークコンポジット・TCR610ML」

やらかしてしまいました。購入したのは4~5年前でしょうか。監修したのはKTWの塚本謙太郎さんで当時、僕の周囲ではこぞって初期ロットの竿をゲットした人たちがたくさんいました。今でも超現役で使っていまして、たくさんのサカナを釣り上げてくれたロッドです。



当時、YouTubeにUPされたこの動画を食い入るように視たものです。


TCRは「L」も「ML」も所持。ハードベイトゲームの主役の2本です。そのダブルキャストの片割れが故障したということです。エース格の先発ピッチャーがシーズン途中で故障したようなものです。

rodchance (5)

リールは主にカルカッタDCを合わせています。

消えかかってしまっていますが、H-1グランプリ2013のマスターズカップに訪れたスキート・リースにサインをいただいたりもした思ひ出がいっぱい詰まった竿でした。そんな竿を破損。壊した理由は、船の外にちょいと竿先が出ていて、岸に寄った時にアシ際でガサガサとなった時に「あ。」と気づいたらポッキリいっちゃたっというわけです。

上記の折ってしまったテクナやロードランナーも、魚とのやりとりではなくて得てしてクルマに積み込んだ時、その瞬間などに折ってしまった記憶があります。置いておくとき、持ち帰る時、積み込みする時に圧倒的に竿は折りますね。これ、まだ折ったことがないあなた!心にとめておいてください。いつかやらかしてしまうかもしれないその日に備えて。

tonekasumi20160731 (29)

動揺してピントが合っていない!

さて、追ってしまったロッドをどうするか!?選択肢は多々あります。

①メーカー修理に出す
⇒保証期間中であれば免責額で完全体で戻ってくる可能性もあります。保証期間がはずれたら、、、厳しいですね。完全ポッキリだとNGくらいますかね。ノースフォークは登録してありましたが流石に保証期間はすでに終了。

②買い替え
⇒経済力があれば「ニューロッドを買う良い機会」と捉えて新しい竿を買う!一番憧れますが、タイミングと財布をの相談が必要です。

③自前修理
⇒ちょっとしたティップ修理だったら瞬間接着剤などを使って、再び使えるようになる可能性もあります。

④ロッドビルダーの友達に頼む
⇒ロッド作りが趣味でもあるコアなアングラーはいます。かつて、ティップが破損したテクナを竿作りを自ら楽しんでいるセンパイに頼んで復活させていただきました。いまでもこちらは、テキサスのメインロッドとして活躍しています。

⑤修理のプロに出す
⇒ロッド折れ修理を行っているお店にお願いする。



はい、今回ワタシはを選択しました。

ロッド修理・改造 | ルアーロッド チャンス
チャンス

「愛竿よ蘇れ」

ルアマガに掲載されている広告でも長年有名ですよね。独自製法で、ロッド修理を請け負っている和歌山県にあるチャンスさん。お電話をしたところ「修理できましたら送り返しますから、送ってきてくださいネ」と手慣れた応対でお返事をいただき、この時は「本当に大丈夫なのか?」と一抹の不安を抱きつつ、一か八かの気分でロッドを和歌山県に送りました。

tonekasumi20160731 (17)

ロッド入れる、パイプが必要かなと思っていたら、以前、通販でロッドを買った時に梱包用として送られてきたボイド管が家にとってあってこちらを利用。貧乏性なんで、なかなか捨てられない性格なのでヨカッタ。これをまたホームセンターで買って来たら予算がかさみますからね。

tonekasumi20160731 (16)

遠征釣りをした時のことを思い出して、プチプチ緩衝材でぐるぐる巻きにして発送。ヤマトにお願いしたら、やっぱり1000円以上はとられましたね。

tonekasumi20160731 (22)

折った竿を運送中にまた折ったら元も子もないから、端っこはご安全にプチプチで埋めました。



時が経過・・・夏が過ぎ風あざみ・・・

tonekasumi20160731 (6)

そして・・・

20160828smaho (11)

夏も・・・

20160828smaho (6)

過ぎ去り・・・

rodchance (6)

ロッドがもどってきました。


どうでしょうか・・・どうなっているのか?見た目には、修理後が素人目には見つからない。

※チャンスさんは代引きシステムを使っているのでお金は用意しておきましょう。今回は折れた箇所1コでおよそ1万円というお値段でやってくれました。

rodchance (1)

コーティングを施していないブランクスが特徴のノースフォークコンポジット。修理箇所はすこーしだけカーボンの「目」が違うかな!?という位の出来。いったいどのような製法なのだろうか。リペア屋さんの気合を感じますね。

rodchance (2)

・・・ヘタクソな写真ですが、きれいなカーブを描かせてくれました。3~4ガイドの間を破損したのですが、ヘンテコな曲りはありません。ピョコンと折れた箇所で変な曲りを見せるかな??と思っていましたが、いわゆるひとつの「美しいベントカーブを描いてくれた。」という事です。

20160717tamayats (17)

早速9月の牛久沼たまや大会でも再登板させてきました。以前との使い勝手の違いもなく、ポンポン投げることができました~!違和感ちょっとでるのでは?と思いましたが投げまくり可能でした。モノは修理ができたら直してあげて、大切にそれでいながら大胆に使い込みたいものですね。魚はまだかけていないから、早くデカバスを掛けてやり取りをしたい。

ロッド折れで、悩みに悩める人がいたらやっぱり直した方がいいですよ。長年、使い続けているバスロッドがあるものです。最新素材ではなくても、手に馴染んだ体の一部と化したモノは直しながら一生使いたいですね。バスロッドは昔の竿だからと言ってダメなことはありませんしね。


 


これは釣れるっ!魅惑のハンドメイドクランクベイトをGET!【牛久沼2016年9月たまや大会MPB&MB&アザーセルフ杯しだるまレポ・後篇】



5キロオーバーと言う驚異的なウェイトを目撃して衝撃を受けた2016年9月の茨城県牛久沼たまや大会。今回は、MPBルアーズ、MB(モンキーブレインベイツ)、アザーセルフ・・・この3ブランドからの協賛を経てにぎにぎしく開催されました。

★↓↓上位入賞者パターンについては前篇をどうぞ★
優勝は3本で5キロオーバー!歴代最高ウィイン率!?に湧いた茨城県牛久沼【牛久沼2016年9月たまや大会MPB&MB&アザーセルフ杯しだるまレポ・前篇】

20160918 (7)

MPBもMBは、それぞれ個性的なハンドメイドクランクベイトを製作しており、9月の牛久沼でも活躍が期待されました。実際、良く釣れた日だったのでクランクベイトでのウェイインも非常に多く楽しい一日となりました。運よく3位に入賞できたので協賛品としていただいたルアーも賞品としていただくことができました。嬉しいじゃないですか。

20160918 (79)

MPBルアー代表のサクライ氏も大会にも参加!自身の作るクランクベイトでサカナを持ちこみました。ラッキークラフト社のSKTマグナムの新たなる使い方も模索している凄腕でもあります。

20160918 (46)

賞品として、こちらのルアーをいただきました。

20160918 (49)

ワイルドボアMRです。噂には聞いていましたが、所持していなかったのでこういった形で手に入れることができてうれしい限り。(実はすげーほしかった)高速ウォブロールでプリプリと泳ぎます。サイズも50mmと関東タフレイクでも活躍してくれそうな『食べごろサイズ』なのも魅力的です。これからの2か月間位はまだまだクランクベイトは効くはず!マッディシャローで投げまくりたいですね。


20160918 (28)

モンキーブレインベイツ代表のイサ氏も参戦。こちらも、しっかりと自社クランクでサカナを持ちこみました!イサさんは昔からH-1グランプリにも参戦しているハンドメイドクランク製作者。

20160918 (45)

モンキーブレインベイツさんからも素敵なルアーをいただいちゃいました!

20160918 (50)

通称イサバド!?・・・「レッドカブ」なるトップ的に使用する表層系クランクベイトで、おしりのブレードがアピールをします。フックも牛久という事でダブルフックになっていますね。ミニタイプなので、非常に細かいピッチで水面を駆け抜けるそうなので10月大会はバズベイト的に投げ込みたいですね。見た目もカワイイ。これって結構重要です。

20160918 (44)

たまオヤは「エムビーさん」と言っていましたがw~~正式名称「モンキーブレインベイツ」です。

20160918 (26)

ゲストとして、H-1グランプリ2014AOYの福永ゆーや選手も参戦してくれました。「ナマローさんどうやったら牛久沼でバスは釣れるんですか?」と聞かれました。

20160918 (59)

そんなフクナガ選手も愛用しているのがアザーセルフのキネシオロジーテープ。手首、肘を酷使するハードコアアングラーたちが最近、こっそり使いだしている人が多数。テーピングテープだといかにもですが、迷彩柄なのがちょっと新しいですね。

サンデーアングラーおススメ。釣り翌日の疲れが違う!?OTHERSELFのテープをつけてみたよ【アザーセルフキネシオロジーテープ】 : namaro★blog~ナマローブログ~
新利根川で腰に貼りました

20160918 (47)

こちらも協賛品として大会にて供されました。腰に貼って釣りをしましたが、帰りのドライブが楽に感じましたね。アクティブオヤジアングラーと言える年齢にに達してきました。これからは体のケアも大事ですナ。


20160918 (38)

そうそう、ビルダーさんと言えば、この日はたまや大会にレギュラー参戦もしていた痴虫代表のマツモトさんも参戦。今年、リリースされた「イジリー」でサカナを持ちこんでいました!バラクラにも出店するとのことで、ルアー製作の日々だそうです。そういえば、タカハシさんの牛久沼レコードウェイトは沼海馬で作られた記録だったんだよなぁ・・・

20160918 (65)

夜は、毎年恒例の『ドキッ!男だらけのBBQ大会』を開催。雨が一瞬止んだ瞬間が夕方にあってよかった。おじさん今年もありがとうございました。

20160918 (67)

焼き場を3つ設定してアブレなし。

20160918 (68)

釣り談義は夜まで続きました。

20160918 (74)

アルコールも入れたので、車中泊をして帰宅しました。ちょっと体の節々が痛いです。車中泊をそろそろ本気で研究しないとな。

そんな牛久沼たまや休日大会ですが、来るもの拒まず!いつだってウェルカムの『オープン大会』です。競い合いなのでもちろんルールはあるけど基本的には「休日のお楽しみ」の大会ですから、興味をもったアナタ!スポット参戦も全然OKですから門戸を叩いてみてはいかがでしょうか??マニアックな話ばかり書いていて言うのもなんですが、僕も最初は、右も左もわからずドキドキしながら参加したものですヨ。




livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!
  • 沼のモンスターバスはハイドアップのスライドフォールジグをも噛み砕いた!!